トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 9月 > 「RPAによる作業自動化の共同実証実験」協力者を募集

ここから本文です。

報道発表資料  2018年09月05日  総務局

「RPAによる作業自動化の共同実証実験」協力者の募集開始について

東京都は、平成30年3月に発表した「2020改革プラン」に基づき、都庁BPR【注1】の推進に向けて、RPA(RoboticProcessAutomation)【注2】による作業の自動化について検討を進めています。
この度、RPAの活用効果や、本格的な導入に向けて想定される課題の検証を行うため、民間事業者と共同で、RPAによる作業自動化の実証実験を実施することといたしました。
つきましては、下記のとおり協力者を公募いたしますので、お知らせいたします。

【注1】都庁BPR:ビジネス・プロセス・リエンジニアリングの略で、都庁における業務プロセスの抜本的な再構築を目指す取組のこと
【注2】RPA:人間がパソコンで行っている入力や照合等の作業を、予め設定したプログラムに従って自動的に処理する技術

1 実証実験の概要

RPAの活用に当たっての課題・問題意識に対して、都が協力者と共同して実証実験を行うことで、RPAの導入効果等を検証します。

RPAの活用に当たっての課題・問題意識

  • RPAの活用によりどの程度の効果が得られるか
  • 業務の特性に応じ、どのようなRPAソフトウェアを活用すべきか
  • RPAを適用する対象業務をどのように選定すべきか
  • 臨時業務の発生や人事異動等により生じる担当者の変更及び法令、制度の改正に伴う事務フローの変更がある中でRPAを継続的に機能させていくために必要なことは何か

2 実証実験期間

平成30年10月から平成31年3月まで

3 応募期間

応募届の受付

平成30年9月5日(水曜日)から同月13日(木曜日)午後4時00分まで

企画提案書等の受付

平成30年9月5日(水曜日)から同月26日(水曜日)午後4時00分まで

4 募集要領、応募様式等

RPAによる作業自動化の共同実証実験協力者募集要領(PDF:221KB)
RPAによる作業自動化の共同実証実験審査基準(PDF:137KB)
※様式1 RPAによる作業自動化の共同実証実験協力者応募(応募・辞退)届(PDF形式(PDF:179KB)/Word形式(ワード:30KB)
※様式1 RPAによる作業自動化の共同実証実験協力者応募(応募・辞退)届(グループ応募用)(PDF形式(PDF:187KB)/Word形式(ワード:34KB)
※様式2 企画提案書(PDF形式(PDF:150KB)/Word形式(ワード:34KB)
※様式3 RPAによる作業自動化の共同実証実験に係る誓約書(PDF形式(PDF:134KB)/Word形式(ワード:29KB)
※様式3 RPAによる作業自動化の共同実証実験に係る誓約書(グループ応募用)(PDF形式(PDF:136KB)/Word形式(ワード:30KB)
※様式4 RPAによる作業自動化の共同実証実験協力者募集に係る質問書(PDF形式(PDF:168KB)/Word形式(ワード:21KB)

問い合わせ先
総務局行政改革推進部行政改革課
電話 03-5320-7912

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.