ここから本文です。

報道発表資料  2018年08月23日  建設局, (公財)東京動物園協会

井の頭自然文化園 イベント情報

1.秋の3時間延長開園 特別講演会
「彫刻家北村西望の時代 動物園の中の彫刻園の中の“裸のサル”の羞恥心をめぐって」参加者募集!

井の頭自然文化園(園長 日橋一昭)では、平成30年10月6日(土曜日)、7日(日曜日)の秋の3時間延長開園特別企画として、講演会を開催します。
当園内の彫刻園では、日本を代表する彫刻家の北村西望(明治17年~昭和62年)の作品を数多く展示しています。このたびの講演会では、東京大学の木下直之氏をお招きして、人間の進化と彫刻家西望とのつながりや、西望の作品を奥深く鑑賞するための手がかりなどについてお話をしていただきます。当日は開園時間を20時00分まで延長しますので、講演会の後は、木下氏のお話を思い出しながら園内の作品をゆっくりとご鑑賞ください。

(1) 日時

平成30年10月7日(日曜日) 16時30分~18時00分

(2) 場所

動物園(本園) 彫刻館B館

(3) 対象

高校生以上

(4) 定員

100名

(5) 参加費

無料(入園料も無料となります)

(6) 内容

講演「彫刻家北村西望の時代 動物園の中の彫刻園の中の“裸のサル”の羞恥心をめぐって」

木下直之 氏(東京大学大学院教授、静岡県立美術館長)

  • 要旨
    サブタイトルの「裸のサル」とはヒト、つまりあなたのことです。人類が体毛を失い、衣服を身に着け、羞恥心をいだくようになり、かつ芸術などというものを発明したがゆえに、裸体像に取り組んだ北村西望の時代の彫刻家たちは、股間表現に苦心せざるをえなくなりました。
    そもそも、なぜ動物園の中に彫刻園があるのか、なぜ「裸のサル」を彫刻するのか、この地で制作された長崎の平和祈念像が、広島のそれと異なり、なぜ男性裸体像であるのかなどについても考えてみたいと思います。
平和記念像の写真
平和祈念像
  • 木下直之氏プロフィール
    昭和29年静岡県生まれ。兵庫県立近代美術館学芸員、東京大学総合研究博物館助教授を経て、現在、東京大学大学院人文社会系研究科教授、静岡県立美術館館長。これまでユニークな視点から日本美術史、写真史、見世物史の研究に従事。平成27年春に紫綬褒章受章。
    著書に『美術という見世物』『わたしの城下町』『股間若衆』『銅像時代』『近くても遠い場所』『せいきの大問題』など多数。
木下氏の写真
木下直之氏

(7) 託児サービス

本講演会の開催時間中、0歳~就学前までのお子様の託児サービスを実施します。ご希望の方は、講演会の参加応募メールに、託児を希望するお子様の年齢(講演会実施日現在)と人数を合わせて記載のうえご連絡ください。料金は無料です。

※定員に限りがありますので、応募多数の場合は抽選となります。
なお、託児サービスについては外部に委託しての実施となります。

(8) 応募方法

Eメールで以下のとおりお申し込みください。

choukoku2018(at)tokyo-zoo.net宛に、件名を「彫刻園講演会」とし、本文に参加希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢、代表者の住所・氏名・電話番号を記入してお送りください。
お申込みの際は、(at) tokyo-zoo.netからのEメールを受信できるよう、迷惑メールフィルターやメールソフトを設定してください。特に携帯電話からお申し込みの方はご注意ください。
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

※お申込みの際ご提供いただいた個人情報は、当該イベントに関するご連絡のみに使用します。
また、データの保管や削除など、個人情報については厳重な管理をいたします。

(9) 締切

平成30年9月21日(金曜日)送信分まで有効
※応募者多数の場合は抽選とし、当落にかかわらずお知らせいたします。

(10)その他

【秋の3時間延長開園について】
平成30年10月6日(土曜日)、7日(日曜日)の2日間、通常よりも開園時間を3時間延長します。飼育担当者による「キーパーズトーク」や彫刻園エリアのライトアップなど、秋の夜長をゆっくりと楽しめるイベントを多数企画しています。詳しくは後日改めてお知らせします。

2.「親子で井の頭池たんけん」参加者募集!

当園では、小学生以上とそのご家族を対象に、井の頭池の生き物をテーマにした観察会「親子で井の頭池たんけん」を開催します。
身近な水辺の生き物の観察を通して、都市の水辺環境の変化や外来種問題について考えてみませんか。

(1) 日時

平成30年9月17日(月曜日・祝日) 10時00分~15時00分

(2) 場所

水生物園(分園)

(3) 対象

小学生とその保護者

(4) 定員

30名

(5) 参加費

無料(入園料も無料となります)

(6) 持ち物

昼食、飲み物、帽子

(7) 内容

双眼鏡での生き物の観察、カゴワナでの生き物採集、水生物館や水辺のいきもの広場見学 など

イベントの様子の写真1 イベントの様子の写真2
昨年の様子

(8) 応募方法

往復はがきまたはEメールで以下のとおりお申し込みください。

  • 往復はがき
    往信面に参加希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢(学年)、代表者の住所・氏名・電話番号を記入し、返信面に代表者の住所・氏名を明記のうえ、以下の宛先までお申し込みください。
    • 宛先
      〒180-0005 武蔵野市御殿山1-17-6
      井の頭自然文化園「井の頭池たんけん」係
  • Eメール
    iketanken2018(at)tokyo-zoo.net宛に、件名を「井の頭池たんけん」とし、本文に参加希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢(学年)、代表者の住所・氏名・電話番号を記入してお送りください。
    お申し込みの際は、(at)tokyo-zoo.netからのEメールを受信できるよう、迷惑メールフィルターやメールソフトを設定してください。特に携帯電話からお申し込みの方はご注意ください。
    ※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

※お申込みの際ご提供いただいた個人情報は、当該イベントに関するご連絡のみに使用します。
また、データの保管や削除など、個人情報については厳重な管理をいたします。

(9) 締切

平成30年9月7日(金曜日)
※はがきは当日消印有効、Eメールは9月7日(金曜日)送信分まで有効。
※応募者多数の場合は抽選とし、当落にかかわらずお知らせいたします。

ご案内

【井の頭自然文化園】

  • 開園時間
    9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
    10月6日(土曜日)、7日(日曜日)は9時30分~20時00分(入園は19時00分まで)
  • 休園日
    毎週月曜日(祝日のときは、翌日)
    9月18日(火曜日)、10月9日(火曜日)は開園
  • 入園料
    一般:400円、65歳以上:200円、中学生:150円
    ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

※開園日については東京ズーネット(外部サイトへリンク)でご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.