ここから本文です。

報道発表資料  2018年08月15日  建設局, (公財)東京都公園協会

旧岩崎邸庭園

講演会・近代建築史シリーズ かつての姿とその特徴

三菱第三代社長・岩崎久彌の本邸として建てられた旧岩崎邸は、洋館と和館を併置した典型的な明治期の大邸宅で、往時の大邸宅の構成や景観を知るうえでも貴重な存在です。
今回は、旧岩崎邸の庭園について研究をされている東京農業大学の粟野隆准教授を講師に迎え、岩崎家の方々が暮らしていたころの庭園の様子やその特徴などについてお話しいただきます。

1 日時

平成30年10月26日(金曜日)14時00分~16時30分

2 場所

台東区上野区民館(台東区池之端1丁目1番12号)

3 内容

旧岩崎邸の庭について、かつての様子や特徴をお話しいただきます。

4 講師

粟野隆氏(東京農業大学 准教授)

東京農業大学地域環境科学部造園科学科准教授。
2004年東京農業大学大学院農学専攻博士後期課程修了。博士(造園学)。独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所研究員を経て現職。

講師の写真

5 参加費

無料 ※旧岩崎邸庭園に入園する際は別途入園料が必要

6 定員

100名 ※事前申込制、定員を上回る場合は抽選

7 申込方法

往復はがき、またはEメールにてお申し込みください。

  • 往復はがき
    各面に以下の事項をご記入の上、申込先までお送りください。
    <往信用文面>
    1. 代表者の郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号
    2. 参加者の氏名(1枚のはがきで2名まで申し込みできます。)
    3. 演題名(旧岩崎邸庭園 かつての姿とその特徴)
    <返信用宛名面>
    代表者の郵便番号・住所・氏名
    <往信用宛名面>
    〒110-0008東京都台東区池之端1-3-45
    旧岩崎邸庭園サービスセンター「講演会」係
  • Eメール
    Eメールに以下の事項をご記入の上、お申し込みください。
    1. 代表者の氏名(ふりがな)、電話番号
    2. 参加者の氏名(1件のメールで2名まで申し込みできます。)
    3. 演題名(旧岩崎邸庭園 かつての姿とその特徴)
    宛先メールアドレス 2teien-kouza(at)tokyo-park.or.jp
    ※上記宛先メールアドレスを受け取れる設定にしてください。
    ※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。
  • 締切日
    平成30年10月10日(水曜日)必着
    ※結果は応募者全員に通知します。返信が届かなかった場合は、旧岩崎邸庭園サービスセンターまでお問い合わせください。

8 その他

当講演会は、上野の山文化ゾーン連絡協議会事務局との協力によって実施しています。講演会へのお申し込みは、上記のほか、8月20日(月曜日)より、台東区公式ホームページ内の上野の山文化ゾーンフェスティバル[講演会シリーズ]のページ(外部サイトへリンク)からも可能です。
詳細につきましては、旧岩崎邸庭園ホームページをご覧ください。

金唐紙(きんからかみ)ワークショップ

イベントの様子の写真 壁紙の写真
昨年のワークショップの様子 旧岩崎邸庭園2階客室の壁紙

旧岩崎邸の洋館と撞球室(どうきゅうしつ)を彩る貴重な「金唐革紙(きんからかわし)」の世界を体感していただけるワークショップを今年も開催します。貴重な文化財を後世へ伝えていくことの大切さを実感していただける人気のプログラムです。ぜひ、ご参加ください。

1 日時

平成30年11月4日(日曜日)10時00分~16時30分 ※荒天中止

2 会場

撞球室前 芝庭

3 内容

旧岩崎邸庭園洋館と撞球室を修復した際の版木棒を使い、金唐紙の「打ち込み」から「彩色」までの工程を体験いただきます。

「金唐紙」とは、もともとヨーロッパで壁の内装に用いられた金唐革の技法を和紙で再現した日本独自の「金唐革紙」を、上田尚氏が試行錯誤の末、現代に蘇らせたものです。金属箔を貼った手すき和紙を、文様を彫った版木棒に重ね、刷毛で打ち込むことで凹凸をつけ、彩色した革のように見える豪華な最高級壁紙です。

4 講師

金唐紙研究所代表 上田尚氏
(国選定保存技術保持者・平成24年度旭日双光章受章)

5 参加費

3,500円(材料費実費・入園料別途)※事前振込制

6 持ち物等

ワニスや絵具等を使用し、屋外で作業を行うため、日除けの帽子のご用意や汚れてもよい服装でお越しください。お昼の時間を含みますので、昼食・飲み物を各自お持ちください。

7 定員

25名 ※事前申込制、定員を上回る場合は抽選

8 申込方法

往復はがき、またはEメールにてお申し込み込ください。

  • 往復はがき
    各面に以下の事項をご記入の上、申込先までお送りください。
    <往信用文面>
    1. 代表者の郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号
    2. 参加者の氏名(1枚のはがきで2名まで申し込みできます。)
    3. イベント名(金唐紙ワークショップ)
    <返信用宛名面>
    代表者の郵便番号・住所・氏名
    <往信用宛名面>
    〒110-0008東京都台東区池之端1-3-45
    旧岩崎邸庭園サービスセンター「金唐紙ワークショップ」係
  • Eメール
    Eメールに以下の事項をご記入の上、お申込みください。
    1. 代表者の氏名(ふりがな)・電話番号
    2. 参加者の氏名(1件のメールで2名まで申し込みできます。)
    3. イベント名(金唐紙ワークショップ)
    宛先メールアドレス 2teien-kouza(at)tokyo-park.or.jp
    ※上記宛先メールアドレスを受け取れる設定にしてください。
    ※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。
  • 締切日
    平成30年10月5日(金曜日)必着
    ※結果は応募者全員に10月19日(金曜日)までに通知します。返信が届かなかった場合は、旧岩崎邸庭園サービスセンターまでお問い合わせください。
    ※当選の方に参加費のお支払方法等をご案内します。

旧岩崎邸庭園について

開園時間

9時00分~17時00分(最終入園は16時30分)

住所

台東区池之端1-3-45

入園料

一般 400円 65歳以上 200円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

問い合わせ先

旧岩崎邸庭園サービスセンター 電話:03-3823-8340

ホームページ

公園へ行こう!旧岩崎邸庭園(外部サイトへリンク)

ツイッター

旧岩崎邸庭園 @kyuiwasakitei(外部サイトへリンク)

その他

旧岩崎邸庭園・洋館の“化粧直し”を行っています。この工事に伴い、洋館外壁に足場等を設置するため、期間中、洋館外観の一部をご覧いただくことができません。なお、洋館内部や和館、庭園(芝庭の一部を除く)は、通常どおり公開しています。
※芝庭の一部は拡張区域整備工事のため擁壁が設置されています。
足場等設置期間:平成30年3月~平成30年10月末(予定)工事は施工状況や気象状況等により、延期する場合があります。

交通案内

公園への地図

園内マップ

園内の地図

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.