ここから本文です。

報道発表資料  2018年08月10日  総務局, 公立大学法人首都大学東京

[別紙1]

TMUプレミアム・カレッジについて

特徴

  • 開放的で緑豊かな南大沢キャンパスに開講
  • 「首都・東京をフィールドに学ぶ」をテーマとした、幅広い独自のカリキュラム
    首都大学東京の有する多様な教育研究資源を生かした魅力あふれる講義を展開
  • 東京の持つあらゆる資源を活用したフィールドワーク
  • すべての受講生がゼミナールに参加し、新たな仲間と学びや交流を深める
  • 学びを通した学部生等との異世代交流

入学対象(予定)

対象

50歳以上の知的好奇心に富み、学びの意欲に溢れ、仲間とともにキャンパスライフを楽しもうとし、学びの成果等を社会に還元できる方

募集人数

50名程度

入学選考

小論文及び面接試験(平成31年1月実施予定)

募集開始

10月募集開始

受講料(授業料)

20万円

学生生活

学びのスタイル

在学期間1年間、週3~4日程度の通学を想定
(※2年目も学び続けられるような制度を検討中(専攻生))

カリキュラム(詳細は10月公表予定)

  • テーマ
    「首都・東京をフィールドに学ぶ 江戸、東京 そしてTOKYOへ“伝統”と“革新”が共存する、首都・東京の豊富な資源をフル活用したカリキュラム」
  • 主な特徴
    • カレッジ専任の教授等による独自のカリキュラムを提供
    • 講義に合わせて、都の持つ資源を最大限に活用したフィールドワークも実施

科目体系

区分 内容 備考
必修科目 前期ゼミナール、後期ゼミナール等 全員がゼミナールに参加し、集大成として修了論文を作成・プレゼンテーションすることを予定
選択科目 「東京・都市」をキーワードとする「プログラム科目群(仮称)」と幅広い分野の「教養科目群」で構成 前期・後期合わせて20科目程度を開講予定
アディショナル科目
  • 学部生と同じ授業を受けられる機会を提供(科目等履修)
  • パソコン技術 等
 

 

キャンパスライフ

  • 学生証(Student Card(仮称))を交付
  • 専用ラウンジを整備し、学生生活の拠点を確保
  • 専用ロッカー、メールアドレス等の付与
  • 図書館、情報処理施設など学内施設の利用
  • 入学式等を実施

その他

  • TMUプレミアム・カレッジは、学校教育法に基づく履修証明プログラム(120時間以上)とし、修了要件を満たした者には履修証明(certificate)を授与
  • 学部生と同じ授業への出席や、TMUプレミアム・カレッジの一部講座の学部生への開放などにより、現役の学生等との幅広い交流を促進
  • ゼミや授業のアシスタント等として、大学院生等をスタッフとして積極的に活用予定

※講座の全体像や入学選考等の詳細は、10月に公表予定

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.