トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 7月 > 東京都の委託事業における個人情報等の流出

ここから本文です。

報道発表資料  2018年07月12日  産業労働局

東京都の委託事業における個人情報等の流出について

東京都が実施する「ものづくり・匠の技の祭典2018」(8月8日から10日まで開催予定)の運営を受託している株式会社NTTアド(以下「受託会社」という。)において、個人情報等が流出する事故が発生しましたので、お知らせします。
関係者の皆様には多大なご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。
今後、このようなことがないよう、再発防止とより一層の情報管理を徹底してまいります。

1 事故の概要

受託会社の担当者が祭典の出展団体との連絡に際して、メールアドレスをbcc欄ではなく、誤って宛先欄に入力し、一斉送信してしまった。

(1) 発生時期

7月11日(水曜日)16時35分

(2) 発生場所

ものづくり・匠の技の祭典2018制作事務局 事務室

(3) 流出した個人情報等

出展団体62団体分のメールアドレス

2 経緯

  1. 7月11日(水曜日)16時35分に、受託会社の担当者が、62の出展団体に対し、本年度の公式ホームページの公表を通知するメールを送信した際、メールアドレスをbcc欄ではなく宛先欄に入力して送ってしまった。
  2. 受託会社の担当者が、メールアドレスをbcc欄ではなく宛先欄に入力して送ってしまったことに気付き、同日16時41分に、当該62団体に対し謝罪のメールを送信したが、bcc欄ではなく再度宛先欄に入れて送ってしまった。
  3. 同日16時54分、受託会社から雇用就業部能力開発課(以下「能力開発課」という。)へ本件事故の報告があった。
  4. 同日17時28分、受託会社からメールアドレスをbcc欄に入れて、出展団体への謝罪及び上記1.及び2.のメールの削除を依頼するメールを送信した。
  5. 同日19時05分、能力開発課から受託会社に対して、改めて各団体に電話連絡し、口頭での謝罪及び当該メールの削除を依頼するよう指示した。
  6. 12日(木曜日)12時00分現在の各団体への連絡状況は次のとおり。
    • 謝罪及びメール削除の確認が完了した団体 51団体
    • 連絡をとり謝罪を行ったがメールの削除については確認中の団体 7団体
    • 連絡がとれていない団体 4団体
  7. メール削除について確認中の団体及び連絡がとれていない団体については、継続して確認している。

3 事故発生後の対応

  1. 受託会社は、62の出展団体に対し、メール及び電話により、謝罪と当該メールの削除確認を行っている。なお、現時点では、被害報告は寄せられていない。
  2. 能力開発課においては、当該受託会社に対して、指導と個人情報等の漏えい防止策の指示を行った。
  3. 産業労働局雇用就業部では、改めて職員全員に対して業務に係る個人情報等の適切な管理及び関係する事業者への適切な管理の要請を行うよう徹底を図る。
問い合わせ先
産業労働局雇用就業部能力開発課
電話 03‐5320‐4715

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.