トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 6月 > 福祉のまちづくり推進協議会からの意見具申

ここから本文です。

報道発表資料  2018年06月26日  福祉保健局

東京都福祉のまちづくり推進協議会からの意見具申について
東京都福祉のまちづくり推進計画改定の基本的考え方

第11期東京都福祉のまちづくり推進協議会では、平成26年3月に策定した東京都福祉のまちづくり推進計画が平成30年度までの計画期間のため、平成31年度からの新たな推進計画が策定されるのに伴い、今後の計画策定に向けた意見具申を取りまとめましたのでお知らせします。

意見具申の主な内容

1 都におけるバリアフリーをめぐる現状

  1. 社会的な背景・状況
  2. 国の動向
  3. 東京都福祉のまちづくり推進計画事業の主な実施状況
  4. 世論調査等の考察(福祉のまちづくりに関する都民の意識調査結果)

2 東京都福祉のまちづくり推進計画の改定に向けた今後の主な課題と方向性

  1. 誰もが円滑に移動できる道路や交通機関等のバリアフリー化の更なる推進
  2. 全ての人が快適に利用できる施設や環境の整備
  3. 様々な障害特性や外国人等に配慮した情報バリアフリーの推進
  4. 災害時・緊急時に備えた安全・安心のまちづくりの推進
  5. 都民の理解促進と実践に向けた心のバリアフリーの推進

3 推進計画の改定に向けた基本的事項

  1. 推進計画の目標と計画期間
  2. スパイラルアップの仕組み【注】による計画の進行管理
  3. 施策の体系

【注】スパイラルアップの仕組み・・・ユニバーサルデザインの特徴である、「計画の策定から実行までの各段階での利用者の声の反映」、「繰り返しによるデザインの進化」、「改善を続けていく姿勢やプロセス(過程)の重視」など、その結果だけでなく、改善の積み重ね(スパイラルアップ)を重視すること。

4 その他

意見具申の概要は別紙(PDF:403KB)のとおり

※意見具申の本文は、福祉保健局ホームページに掲載しています。
福祉保健局トップページ>福祉保健の基盤づくり>福祉のまちづくり>東京都福祉のまちづくり推進協議会 意見具申等

問い合わせ先
福祉保健局生活福祉部計画課
電話 03-5320-4047

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.