トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 6月 > 消費者問題マスター講座 30年度の受講生を募集

ここから本文です。

報道発表資料  2018年06月26日  生活文化局

消費者問題マスター講座
平成30年度受講者を募集します!

東京都消費生活総合センターでは、地域や職場などで消費者教育等の推進に中心的な役割を果たす人材の育成を目的とした連続講座「消費者問題マスター講座」を実施しています。
このたび、平成30年度の受講者を下記のとおり募集します。

キャラクターの画像1
ボク、カモかも…。

開講期間・回数等

平成30年9月から12月までの期間中に2会場で各13回実施

会場・講義時間

【飯田橋会場】午後7時00分から午後9時00分まで(消費生活総合センター教室1・2)
【立川会場】午後2時00分から午後4時00分まで(多摩消費生活センター教室1・2)

※教室の数字の正しい表記はローマ数字です。

応募要件

  1. 消費者問題に関心があり、地域・職場などにおいて積極的に活動する意欲があること
  2. 全13回のうち、9回以上受講できること
  3. 都内在住、または在勤・在学であること
  4. 過去にこの講座の受講決定を受けていないこと

9回以上受講者 修了証書交付

募集人数・受講料

【飯田橋会場】120名
【立川会場】100名

受講料 無料

※託児あり(6か月以上の就学前の乳幼児)

申込方法・締切

はがき、ファクス、電子申請
平成30年8月3日(金曜日)締切(詳細は別紙チラシ(PDF:2,464KB)参照)

マスター講座の注目ポイント!

※講座の詳細は、別紙の応募チラシ(PDF:2,464KB)をご覧ください。

  • 全13回の講座により幅広い知識を体系的に学べます!
    消費者問題に関する総論から契約の基礎知識、さらには近年注目されている消費行動についてなど、13の幅広いテーマを体系的に学べる講座です!
1回 消費者市民
消費者団体
2回 消費生活行政 3回 製品安全 4回 民法 5回 エシカル消費 6回 消費者契約法 7回 特定商取引法
割賦販売法
8回 金融・投資商品 9回 食生活 10回 高齢者被害 11回 食品表示 12回 IT社会 13回 消費者被害 -

 

  • ここでしか聞けない!一流講師陣による講義
    内閣府消費者委員会委員をはじめとした、消費者問題の第一線でご活躍されている専門家の講義が受けられます!
キャラクターの画像2
相談インコ

詳しくは「東京くらしWEB」をご覧ください。

QRコードの画像

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「セーフ シティ 政策の柱5 まちの安心・安全の確保」

問い合わせ先
消費生活総合センター活動推進課
電話 03-3235-1157

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.