トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 6月 > 有明レガシーエリアのまちづくりに係る事業提案を募集

ここから本文です。

報道発表資料  2018年06月22日  港湾局, オリンピック・パラリンピック準備局

有明レガシーエリアのまちづくりに向けた民間事業者からの事業提案を募集します
(サウンディング調査)

臨海副都心・有明北地区は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会において、競技会場の集積が予定されている地域です。大会後はレガシーを生かしたスポーツとイベントで賑わうまち(「有明レガシーエリア」)として整備していくことを考えています。
このたび、まちづくりを進めるに当たり、有明レガシーエリアへ進出意欲のある民間事業者との対話によるサウンディング調査(対話型個別ヒアリング)を実施します。

1 有明レガシーエリアの基本的な考え方

  • 「有明アリーナを核としたスポーツとイベントで賑わうまち」へ
  • 「アーバンスポーツゾーン~有明テニスの森駅~有明アリーナ」を「賑わいの軸」として整備
  • 歩行者デッキ、シェアサイクル、巡回バスなどでエリア全体の回遊性を高め、来訪者・居住者の移動を活性化

2 提案の対象となる都有地及び想定イメージ

別紙(PDF:230KB)のとおり

3 募集する提案内容

(1)事業内容

以下の項目について、アイディアや具体的な計画を募集します。

  1. 大会レガシーとなるアーバンスポーツゾーンでの競技施設等の活用及び大会後もスポーツ全般を盛り上げるアイディア
  2. エリア内で協働や連携し集客や賑わいを創出する事業のアイディア
  3. 駅と各施設間のアクセス向上や地域内の回遊性を高めるアイディア

(2)進出するに当たっての条件・要望等

4 サウンディング調査(対話型個別ヒアリング)の実施について

(1)対象者

有明レガシーエリアへ進出意欲のある民間事業者

(2)期間(予定、詳細は後日調整)

平成30年7月30日(月曜日)から8月8日(水曜日)までの間で45分間程度

(3)会場

東京都港湾局(東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第二本庁舎9階)

(4)応募方法

  • 所定の様式(エントリーシート)に必要事項を記入の上、Eメールにてお申し込み下さい。
  • 申込期間:平成30年6月25日(月曜日)から7月20日(金曜日)まで
  • 申込先Eメール:S0000519(at)section.metro.tokyo.jp
    (港湾局臨海開発部開発企画課)

※メール件名の冒頭に「対話参加申込」とご記入下さい。
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

5 実施要領等

ホームページからダウンロードして下さい。

  1. 調査実施要領
  2. エントリーシート

2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱7 世界に開かれた国際・観光都市」
「ダイバーシティ 政策の柱6 誰もが優しさを感じられるまち」
「ダイバーシティ 政策の柱8 誰もがスポーツに親しめる社会」
「スマート シティ 政策の柱1 スマートエネルギー都市」

問い合わせ先
(本調査に関すること)
港湾局臨海開発部開発企画課
電話 03-5320-5566
(アーバンスポーツゾーンに関すること)
オリンピック・パラリンピック準備局大会施設部施設整備第一課
電話 03-5388-2479

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.