トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 6月 > 第6期アクセラレーションプログラムが始動

ここから本文です。

報道発表資料  2018年06月08日  産業労働局

青山スタートアップアクセラレーションセンターにて
第6期アクセラレーションプログラム始動!

東京都は、政策課題の解決に結び付く分野や、ベンチャーキャピタリストが投資しにくい分野等で起業に取り組む方々へ、青山スタートアップアクセラレーションセンターにおいて短期集中型育成プログラムを提供しています。本プログラムからは過去5期で計47社が卒業し、多方面で活躍しております。
今回の第6期プログラムでは、シードステージの起業家に特化した支援を実施します。(第7期は、アーリーステージの起業家に特化したプログラムを実施予定)
このたび、過去最多の134件の応募から採択された、以下の受講者に対する、第6期アクセラレーションプログラムが始動しますのでお知らせします。

受講者及び事業プラン

  会社名又はチーム名
(代表者)
事業プラン
ロゴ画像1 OsidOri
(宮本敬史)
共働き夫婦の「共有資産」と「個人資産」を両立
ロゴ画像2 ドクターメイト株式会社
(青柳直樹)
介護事業所職員専用の医療相談サービス
ロゴ画像3 カイテク株式会社
(武藤高史)
介護施設内のノウハウのオープン化
ロゴ画像4 株式会社HERBIO
(田中彩諭理)
基礎体温ウェアラブルデバイスと女性専用の体調管理アプリ
ロゴ画像5 株式会社ライフサカス
(西部沙緒里)
不妊治療生活を全力応援!するアプリ、「GoPRE」
ロゴ画像6 Connected Industries株式会社
(園田正樹)
利用者と病児保育施設をつなぐマッチングサービス
ロゴ画像7 株式会社STANDARD
(石井大智)
AI・データサイエンス領域の法人研修と新卒採用支援
ロゴ画像8 株式会社アメグミ
(常盤瑛祐)
労働者向けのスマートフォン(OSと初期アプリを含める)を提供
ロゴ画像9 合同会社ビーサバイ
(岡崎秀哉)
ヘルスケア分野における、アニメーション動画学習サービス
ロゴ画像10 株式会社ユノ
(湯ノ口直樹)
飲食店で実家の様にご飯をふるまってもらえるサービス

※プログラムについては別紙(PDF:268KB)をご参照下さい

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱4 国際金融・経済都市」

問い合わせ先
産業労働局商工部創業支援課
電話 03-5320-4762

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.