ここから本文です。

報道発表資料  2018年06月01日  生活文化局, 公益財団法人東京都交響楽団

歌いSing and聴きListen and 踊ってDance 参加できる音楽祭
TOKYO MET SaLaD MUSIC FESTIVAL 2018

[サラダ音楽祭]を新たに始めます!!

東京都と東京都交響楽団は、東京2020大会の気運醸成に向けて、赤ちゃんから大人まで誰もが音楽の楽しさを体感・表現・発信できる音楽祭「TOKYO MET SaLaD MUSIC FESTIVAL(トーキョー・メット・サラダ・ミュージックフェスティバル)2018」を開催します。
この音楽祭は、オーケストラとダンスのコラボレーションや楽器体験ワークショップ、街なかミニコンサートなど、フレッシュで多彩なメニューにより心の活力を呼び起こすものとしていきます。そこで、多くの皆様に親しんでいただけるよう、通称“サラダ音楽祭”と名付けました。
音楽や演劇の拠点である池袋エリアで、東京芸術劇場及び豊島区と連携しながら、Tokyo Tokyo FESTIVALの中心となる文化プログラムとして実施します。
初開催となる今年は、6月8日(金曜日)からコンサートチケットを発売します。その他、無料でお楽しみいただけるプログラムもたくさんご用意しています。
多くの皆様のご参加を心からお待ちしています!

イベントのロゴ画像

開催概要

主催

東京都、公益財団法人東京都交響楽団

共催

東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)、豊島区

開催日

平成30年9月17日(月曜日・祝日)

開催場所

東京芸術劇場/池袋エリア

プログラム

オーケストラコンサート(有料) チケットは6月8日(金曜日)から発売

  • 音楽祭メインコンサート「プルミエ・ガラ」
    第1部 多彩なソリストによるクラシックの名曲をたっぷりと!
    第2部 オルフ作曲《カルミナ・ブラーナ》をダンスとの共演で!
  • OK!オーケストラ 赤ちゃんOK!歌ってOK!踊ってOK!
    『ドラゴンクエスト5』より「序曲」など人気の曲を指揮やダンスの体験も交えて!

イベントプログラム(無料(一部有料)/一部事前申込制)

  • コンセプトの「Sing and Listen and Dance!!」に沿って、歌やダンス、楽器体験などのワークショップ、池袋エリアでのミニコンサート等、子供も大人も一緒に歌って踊って楽しんで!

※「第1部」「第2部」「ドラゴンクエスト5」の数字の正しい表記はローマ数字です。

主な出演者

指揮/大野和士、振付/近藤良平、ダンス/コンドルズ、管弦楽/東京都交響楽団

詳細は、別紙の東京都交響楽団プレスリリース(PDF:884KB)又は公式ホームページ(外部サイトへリンク)をご参照ください。

※別添 チラシ(PDF:3,300KB)

平成30年は、江戸から東京への改称、東京府開設から150年の節目の年です。東京都では、これを記念し、東京の魅力を内外にPRする「Old meets New 東京150年」事業を展開しています。

本件は、「ホストシティTokyoプロジェクト」に係る事業です。
「カテゴリー:魅力発信 プロジェクト名:東京文化プログラムの拡充・推進」

問い合わせ先
(本報道発表に関するお問い合わせ)
生活文化局文化振興部文化事業課
電話 03-5320-7703
公益財団法人東京都交響楽団
電話 03-3822-7627
(プログラムの詳細についてのお問い合わせ)
サラダ音楽祭PR事務局(オズマピーアール内)
電話 03-4531-0210

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.