トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 5月 > 医療や介護の現場における復職支援研修を実施

ここから本文です。

報道発表資料  2018年05月28日  福祉保健局

看護職の皆様の現場復帰を応援します!
医療や介護の現場における復職支援研修を実施

東京都では、看護職員の再就業支援に取り組んでおり、その一環として、離職した看護職員の復職を支援する研修を行っています。これは、再就業を希望する看護職員を対象に、身近な地域で経験やスキルに応じたきめ細かな講義、実習や就業相談等を行うものです。
今年度は、都が指定する「東京都看護職員地域就業支援病院」における従来の研修を「手厚くしっかり体験コース」と改め、施設が独自で復職支援研修を実施する「気軽にさくっと体験コース」や、都立看護専門学校で復職支援研修を行う「学校に戻って体験コース」を新設します!

(1) 手厚くしっかり体験コース

研修場所

東京都看護職員地域就業支援病院
地域の看護職員確保対策の拠点(26病院)を都が指定
平成30年度の指定病院は別紙1(PDF:179KB)のとおり

特徴

  • 都が作成する標準プログラムに基づき、1日、5日、7日の各コースの研修において、講義・手技演習・病棟実習等を実施。病院での実習後、訪看ST、クリニック、福祉施設等での実習も可能
  • 都が指定する東京都看護師等就業協力員が、病院が実施する研修の企画等に関する支援を行う。

主な対象者

  • すぐにでも復職したい方
  • 最新の看護技術を現場体験してから復職したい方

実施形態

(公社)東京都看護協会に委託し、東京都ナースプラザで実施

(2) 気軽にさくっと体験コース(新)

研修場所

独自研修実施施設
独自に復職支援研修を実施する施設
平成30年度の独自研修実施施設は別紙2(PDF:219KB)のとおり

特徴

  • 都内各地域で研修を実施するため、研修生にとって、より身近な復職研修を受講することが可能
  • 施設の独自研修を、東京都ナースプラザが一括広報等を行うことにより推進する。

主な対象者

  • 復職に向けて、少しずつ準備したいと考えている方
  • まずは身近な施設で、現場の雰囲気を感じたい方

実施形態

(公社)東京都看護協会に委託し、東京都ナースプラザで実施

(3) 学校に戻って体験コース(新)

研修場所

都立看護専門学校

主な対象者

トレーニングモデル等を用いて、基礎的なところから看護技術を学び直したい方

実施形態

各都立看護専門学校にて実施
日程等の詳細は、別紙2(PDF:219KB)のとおり

特徴

  • 学校に配置されている模擬病棟や実習室等で、地元の潜在看護職や卒業生に向けた研修を実施
  • 学生が実習に用いる機器等を用いて、じっくり技術を再習得することができる。
  • 現役の看護教員により、最新の看護の動向等を学ぶことが可能

研修受講の申込み

研修は、7月頃から順次実施予定です。受講を希望される方は、希望病院又は学校に直接お申し込みください。
(1)(2)コースの研修日程等の詳細については、決まり次第、当課のホームページでお知らせします。

東京都福祉保健局>医療・保健>医療・保健施策>看護人材確保対策>看護職員地域確保支援事業

対象者

以下の項目を全て満たしている方

  1. 保健師、助産師、看護師、准看護師の資格を有する方
  2. 研修受講申込時において離職中の方
  3. 就業先が決まっていない方
  4. 都内に就業を希望する方(ナースバンクへの登録必須)
問い合わせ先
福祉保健局医療政策部医療人材課
電話 03-5320-4447

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.