トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 5月 > 経営人材育成による企業力強化支援事業を実施

ここから本文です。

報道発表資料  2018年05月28日  産業労働局, (公財)東京都中小企業振興公社

平成30年度新規事業 経営人材育成による企業力強化支援事業
参加無料! 経営人財 NEXT20 キックオフセミナー開催のお知らせ

外部環境が急激に変化する中、企業は事業や組織を変革し、環境変化に対応し続けることが重要となります。しかしながら、経営者が一人ですべて対応することは困難です。
そこで、東京都と東京都中小企業振興公社(以下「公社」)では、企業の持続的な成長に向けて、経営者を支える人材(=経営人材)や近い将来経営者を支える次世代リーダーを育成することを目的に、本年度から新たに「経営人材育成による企業力強化支援事業(経営人財NEXT20)」を実施いたします。(事業概要は別紙参照)
本日から、キックオフセミナーの受講生の募集を開始いたします。セミナーのみのご参加も可能です。お気軽にお申込み下さい。
なお、本セミナーでは、経営人材が活躍する事例として、創業以来"ニッチトップ"を目指し、工業と文化財事業を確立させ、成長を遂げている「第一合成株式会社」の代表取締役河野氏と、経営人材として河野氏をサポートしている設楽氏にご登壇いただきます。お二方には、経営人材の必要性や役割・育成の考え方、経営人材の存在で組織がどう変わったかについてお話しいただきます。

キックオフセミナー

開催日時

平成30年7月18日(水曜日) 13時30分~16時00分

講師

  • 河野良子氏
    第一合成株式会社代表取締役。「社長が一番冒険をしなければならない」との考えの下、既存事業を軸として新規事業を展開。代表取締役就任当初から人材育成を重要視し、経営人材の育成に取り組む。社員一人一人が「最高の仕事人生!」と思ってもらえるような会社づくりをモットーとしている。
河野氏の写真
  • 設楽文法氏
    第一合成株式会社執行役員統括部部長。河野氏をサポートしながら組織をまとめ、イノベーションを推進。社長不在時には主体的に組織を統括し、経営人材として企業の成長を支えている。「楽しいを設る(つくる)」をモットーに「楽しくなければ仕事じゃない」と日々社内に向けて発信する、ポジティブ伝道師でもある。
設楽氏の写真
  • 第一合成株式会社(設立:1975年9月)
    資本金:6千万円/従業員数:22名
    事業紹介:物流器機、静電気対策製品、文化財関連製品などの設計・製造・企画・販売

プログラム

  • 第1部 講演 → 第一合成株式会社 河野良子氏・設楽文法氏
  • 第2部 トークセッション → 河野良子氏・設楽文法氏×専門家
  • 第3部 公社からのご案内 → 公社事務局

対象者

都内中小企業の経営者、経営人材・幹部(候補等)、次世代リーダー等(候補等)

定員

40名程度(1社3名程度まで)

会場

AP秋葉原5階 会議室A(東京都台東区秋葉原1-1秋葉原ビジネスセンター)

申込み

公社のホームページ(外部サイトへリンク)からお申込みください。

募集期間

平成30年5月28日(月曜日)から平成30年7月17日(火曜日)まで
※募集定員に達し次第、受付終了

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱4 国際金融・経済都市」

問い合わせ先
産業労働局商工部経営支援課
電話 03-5320-4784
(公財)東京都中小企業振興公社企業人材支援課
電話 03-3251-7904

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.