トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 5月 > 上野動物園「パンダのふるさとゾーン(仮称)」を整備

ここから本文です。

報道発表資料  2018年05月25日  建設局

恩賜上野動物園「パンダのふるさとゾーン(仮称)」
の整備について

東京都では、恩賜上野動物園のジャイアントパンダ展示施設「パンダのふるさとゾーン(仮称)」の新規整備に向けた準備を進めてまいりました。現在は東園にある施設を西園の旧子ども動物園跡地に移転し、飼育環境や展示方法を改善した新しい展示施設としていく予定です。

完成予想図の画像1
完成予想図(鳥瞰図)

 

完成予想図の画像2
完成予想図(観覧風景)

1.「パンダのふるさとゾーン(仮称)」の概要

より良い飼育環境

ジャイアントパンダをより生息地に近い環境で飼育する

  • 寝室の拡張やパンダ本来の行動を引き出す起伏に富んだ放飼場の設置。
  • パンダの生態に合わせ、適切な飼育環境を再現する施設の充実。
  • 天候や気温などの環境変化に合わせて適切な場所で飼育展示が可能となるよう、屋内・屋外など各放飼場間のパンダ動線を複数確保。

種の保存

希少動物であるジャイアントパンダの繁殖を推進する

  • 短い発情期を的確にとらえられるよう、ペアリング用放飼場を整備。
  • 保育室や治療室など繁殖に必要な施設の充実化。

展示方法の改善

  • 生息地(中国四川省)の環境を感じられる施設とし、いきいきとしたパンダの姿を見せる。
  • パンダの生息地の環境を来園者へ伝えられるよう、レッサーパンダなど生息地の重なる動物を複合的に展示。
  • 来園者を円滑に誘導するため、一筆書きの園路、滞留スペース、快適なトイレを併せて整備。

2.主な施設概要

  • パンダ舎 RC造、地上一階建 建築面積1016.51平方メートル
  • レッサーパンダ舎 RC造、地上一階建 建築面積26.25平方メートル
  • 鳥舎 鉄骨製
  • 敷地面積:約6,800平方メートル
  • 全体工事金額:約22億円
  • 施設完成予定:2020年3月頃

3.その他

  • 施設整備に関する今後のスケジュールや具体的内容については中国と調整中です。
  • 施設完成後のパンダの公開については別途、お知らせいたします。

4.案内図

会場の地図
恩賜上野動物園 案内図

 

会場までの案内図
上野近隣案内図

 

問い合わせ先
建設局東部公園緑地事務所工事課
電話 03-3822-5817

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.