トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 5月 > メールアカウントの不正利用及び個人情報流出の可能性

ここから本文です。

報道発表資料  2018年05月22日  環境局

高尾ビジターセンターのイベント応募用メールのアカウントの不正利用及び
個人情報の流出の可能性について

環境局の「高尾ビジターセンター」(指定管理者:株式会社 自然教育研究センター)が使用しているメールのアカウントが不正利用される事案が発生しました。
下記不正に作成されたメールアドレスからは、4月23日以降5月16日までの間に約2000件の英文のスパムメール(料金の請求や個人情報を要求する内容)が送信されました。この、不正に作成されたメールアドレスからメールが送られてきた方は、メールを開いたり返信したりすることは絶対にせず、削除してください。
また、2月8日から5月16日16時00分までの間、高尾ビジターセンターの応募用アドレスにメールをいただいた皆様の個人情報流出の可能性があります。併せて深くお詫び申し上げます。

1 不正利用されたアカウントの対象等

(1) 高尾ビジターセンターイベント応募用メールアドレス

(イベント名「大人が楽しむ昆虫観察ハイク」)
takaovc.event(at)citrus.ocn.ne.jp

(2) 不正に作成されたメールアドレス

cashnit.”(at)citrus.ocn.ne.jp(発信元)及び revthomaswhite22(at)citoromail.hu(返信先)

2 経緯

  • 5月16日
    指定管理者が、イベント申込み状況を確認するため、メールアカウントへのログインを試みたが、パスワードが違っていると表示され、ログインできず。
    プロバイダに連絡・相談し、16時00分に、パスワードを変更、ログイン可能に。
  • 5月17日
    応募用メールアドレスが書き換えられていることに気づき、プロバイダに連絡。
  • 5月18日
    プロバイダに確認した結果、新たな発信元及び返信先のアドレスが作成されていたことが判明。
    送信履歴によれば、平成30年4月23日から、この不正に書き換えられたメールアドレスを発信元とし、約2,000件の送信先【注1】に対して、英文メールが送信されていることが判明
    【注1】都や高尾ビジターセンターが取得していたものではなく、不正にアクセスした者が独自に収集していたと思われるGメールアドレス等

3 個人情報流出の可能性

  • 流出の可能性がある個人情報:平成30年2月8日から5月16日16時00分までの間応募用アドレスtakaovc.event(at)citrus.ocn.ne.jpによりメールの送受信をしていただいた方のメールアドレスもしくはメールの応募内容(住所、氏名、電話番号、性別、年齢)
  • 個人情報の流出の有無については、現在確認中です。

4 対応

指定管理者(株式会社自然教育研究センター)から個人情報が流出した可能性のある30件の方【注2】に、お詫びと注意喚起のご連絡をさせて頂いております。なお、現在のところ本件に関して被害の報告はありません。
指定管理者に対しては、本メールアドレスの利用停止とパスワードのセキュリティ管理の徹底を指示しました。

【注2】高尾ビジターセンターのメールボックス(takaovc.event(at)citrus.ocn.ne.jp)に残っていた3月実施イベント等に関わる送受信先

5 その他

この件は、指定管理者 株式会社自然教育研究センターから警視庁へ報告済みです。

※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

問い合わせ先
環境局自然環境部緑環境課
電話 03-5388-3508

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.