ここから本文です。

報道発表資料  2018年05月17日  建設局, (公財)東京動物園協会

井の頭自然文化園情報 ツシマヤマネコの「エビゾウ」が移動します

井の頭自然文化園(園長 日橋一昭)では、環境省のツシマヤマネコ保護増殖事業に協力し、平成18年度からツシマヤマネコの飼育を開始しています。
このたび環境省と(公社)日本動物園水族館協会(以下「JAZA」)が共同で策定した「平成29-30年 ツシマヤマネコ繁殖(移動)計画」に基づき、当園からオス1頭がよこはま動物園(神奈川県横浜市)へ移動することになりましたので、お知らせします。

写真
【移動するツシマヤマネコ「エビゾウ」】
(撮影日:平成30年1月28日)

1.移動する個体について

  • 名前
    エビゾウ
  • 性別
    オス
  • 年齢
    推定13歳以上
    (平成16年12月6日 対馬市上県町(かみあがたまち)にて保護)
  • 個体番号
    No.45
  • その他
    平成29年12月2日 九十九島(くじゅうくしま)動植物園(長崎県佐世保市)から来園

2.移動予定日

平成30年5月23日(水曜日)

3.移動先

よこはま動物園

4.経緯

環境省では、絶滅危惧種のツシマヤマネコの保護を図るため、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」(通称「種の保存法」)に基づく保護増殖事業を実施しています。その一環として、JAZAと協力し、国内の計10施設において飼育下繁殖事業に取り組んでいます。
「エビゾウ」は平成29年12月2日に当園に来園し、非公開施設にて飼育していましたが、「平成29-30年 ツシマヤマネコ繁殖(移動)計画」に基づき、今回移動することになりました。

5.当園での飼育状況(平成30年5月17日現在)

6頭(オス3、メス3)
※今回移動する「エビゾウ」を含みます。

6.日本国内の飼育状況(平成29年12月31日現在)

10施設 35頭(オス19、メス16)
資料:ツシマヤマネコ国内血統登録台帳【(公社)日本動物園水族館協会】

7.ツシマヤマネコ保護増殖事業全般についての問合せ先

環境省対馬自然保護官事務所
住所:〒817-1603 長崎県対馬市上県町佐護西里(さごにしさと)2956-5
電話:0920-84-5577

参考

●ツシマヤマネコ(食肉目 ネコ科)
(環境省レッドリスト2012:絶滅危惧1A類(CR)、東京都ズーストック種、天然記念物)

  • 学名
    Prionailurus bengalensis euptilurus
  • 英名
    Tsushima leopard cat
  • 特徴等
    日本では長崎県対馬だけに生息する野生ネコ科動物で、1971年には国の天然記念物に、1994年には国内希少野生生物種に指定されました。約10万年前に大陸から渡ってきたと考えられ、東アジア~南アジアに広く分布するベンガルヤマネコの亜種とされます。体重3~5キログラム、体長50~60センチメートルで、耳裏に白斑(虎耳状斑)があるのがイエネコと違います。
    1960年代の調査では250~300頭が生息していると思われましたが、生息環境の悪化や餌生物の減少、交通事故死などで個体数が減少し、2010年代前半では、約100頭しかいないと推定されています。

※1Aの正しい表記はローマ数字です。

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
井の頭自然文化園
電話 0422-46-1100 17時00分まで
教育普及係
電話 0422-46-1942
建設局公園緑地部管理課
電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.