ここから本文です。

報道発表資料  2018年05月16日  建設局, (公財)東京都公園協会

旧古河庭園 庭さんぽ&伝統技能見学会

旧古河庭園は、今年完成100年を迎えます。約100種199株のバラが華やかに咲き誇る洋風庭園と重厚な洋館、そして京都の著名な庭師、七代目小川治兵衛(おがわじへい)作庭の日本庭園を贅沢に味わうことができる、都内でも貴重な庭園です。
6月の二番花の見ごろの時期にサービスセンター長による園内のガイドと、技能職員による春バラの花が咲いた後(花後)の管理についての伝統技能見学会を行います。

庭園のロゴ画像

1.庭さんぽ センター長と歩こう

日時

平成30年6月22日(金曜日)※荒天中止
1)10時00分~ 2)13時00分~(各回60分程度)

集合

サービスセンター前

内容

和と洋の調和が魅力の旧古河庭園を当園のサービスセンター長が案内。普段は非公開となっている邸内社や書庫の一部も特別公開。

参加費

無料(入園料別途)

定員

各回20名(当日先着順)

参加方法

各回開始30分前から受付
サービスセンター前で整理券を配布

イベントの写真1 イベントの写真2

書庫内のステンドグラス

昨年の「センター長と歩こう」の様子

2.伝統技能見学会

日時

平成30年6月23日(土曜日)※荒天中止
1)10時00分~ 2)13時00分~
(各回60分程度)

集合

サービスセンター前

内容

春バラの花後から秋バラまでの管理についての実演・解説。
肥料、薬剤散布についての説明。

参加費

無料(入園料別途)

定員

各回30名(当日先着順)

参加方法

各回開始30分前から受付
サービスセンター前で整理券を配布

イベントの写真3 イベントの写真4

春バラの花後剪定

技能職員による解説

旧古河庭園について

開園時間

9時00分~17時00分(最終入園は16時30分)
※「バラと洋館・日本庭園のライトアップ」実施期間中(平成30年5月11日(金曜日)~5月20日(日曜日))は、9時00分~21時00分(最終入園は20時30分)

休園日

12月29日~1月1日

住所

北区西ケ原1-27-39

交通

  • JR京浜東北線 上中里駅下車 徒歩7分
  • 東京メトロ 南北線西ケ原駅下車 徒歩7分
  • JR山手線 駒込駅下車 徒歩12分
  • 北区コミュニティバス(王子・駒込ルート)20分間隔
  • JR山手線駒込駅より5分・JR京浜東北線王子駅より20分 「旧古河庭園」下車

※駐車場はございません。

入園料

一般 150円 65歳以上 70円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

問い合わせ先

旧古河庭園サービスセンター
電話 03-3910-0394

公式ホームページ

公園へ行こう!旧古河庭園(外部サイトへリンク) 

庭園ガイド

土曜日・日曜日・祝日 11時00分・14時00分(各回約60分程度)
※荒天・雨天時中止の場合あり 集合:サービスセンター前 参加費:無料

公式Twitter

旧古河庭園 @kyufurukawa(外部サイトへリンク)

交通案内

公園への地図

園内マップ

園内の地図

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.