トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 5月 > ビジネスと障害者雇用の両立に向けたモデル事業を実施

ここから本文です。

報道発表資料  2018年05月09日  産業労働局

平成30年度新規事業
ビジネスと障害者雇用の両立に向けたモデル事業を実施します!
障害者の雇用環境整備と経営支援のために専門家が出向きます

中小企業等を対象として、ビジネスとの両立を図りながら障害者雇用の拡大等に積極的に取組む企業に対し、雇用面・経営面等からの支援をパッケージで提供する「障害者雇用促進支援事業」を実施します。企業の皆様の積極的な応募をお待ちしております。

1 募集期間

平成30年5月9日(水曜日)から6月29日(金曜日)まで

2 募集開始以降の流れ

募集開始以降の流れは下図のとおりです。
応募多数の場合には、書類審査にて支援企業を決定します。

選定の流れのイメージ図

3 障害者雇用促進支援事業の概要

障害者の雇用環境整備及び経営支援に関する支援を行うとともに、障害者の能力開発や資金調達に関する支援を行います((1)、(2)は利用必須)

(1) 障害者の雇用環境整備支援

障害者の作業手順改善や就業環境改善等に向け、豊富なノウハウと知識を有する専門家を派遣します

(2) 経営支援

生産性向上や売上拡大等に向け、公益財団法人東京都中小企業振興公社に登録されている中小企業診断士等の専門家を派遣します

(3) 障害者の能力開発支援

公益財団法人東京しごと財団の障害者委託訓練を活用し、能力開発の支援を行います

(4) 資金調達支援

東京都制度融資による産業力強化融資(略称:チャレンジ)の対象になります

→これらの支援を行い、支援企業での「新規雇用」「処遇改善」「障害者の能力向上」を目指します

応募要件(概要)

主な応募要件は以下のとおりです。

  • 都内に本社又は主たる事業所があること。
  • 150人以上300人未満の企業等は、原則として障害者3人以上雇用していること。
    150人未満の企業等は、原則として障害者2人以上雇用していること。
  • 障害者の雇用の拡大等に積極的に取組み、経営支援及び障害者の雇用環境整備に関する支援を希望する企業等であること。
  • 最終的な支援結果として、1)新規雇用(重度障害者を含む)、2)処遇改善(有期雇用から無期雇用)、3)障害者の能力向上(職域拡大)の1)~3)の中で何れかを達成すること。
  • 障害者の能力開発や資金調達に関する支援を希望する企業等は、各支援に関する要件を満たしていること。

その他の応募要件は、ホームページ「TOKYOはたらくネット」をご覧ください。

※応募は、募集期間中に随時受付します。ただし、事業計画上で予算の規模がありますので、応募が多数になった場合には、書類選考をさせていただくことがありますので、あらかじめご了承ください。

応募方法

  1. 応募は、以下の書類を用意して下記担当へ持参又は郵送してください。(募集期間内必着)
    • 「障害者雇用促進支援事業」申込書(様式第1号)
    • 「障害者雇用促進支援事業」要件該当申告書(様式第2号)
    • 会社案内(会社概要及び所在地がわかる資料)
    • 直近に国へ報告した「障害者雇用状況報告書」の写し、又は雇用している障害者の障害者手帳の写し
  2. 申請書類は、以下のいずれかの方法により入手してください。
    1. ホームページ「TOKYOはたらくネット」よりダウンロードしてください。
    2. 以下担当の連絡先へ請求してください。(平日9時00分~17時00分)

<担当>
〒163-8001 新宿区西新宿2-8-1 都庁第一本庁舎31階北側
※平成30年5月21日に都庁第一本庁舎21階北側に移転します。
電話:03-5320-4663
東京都 産業労働局 雇用就業部 就業推進課 障害者雇用促進担当

2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
ダイバーシティ
政策の柱4 障害者がいきいきと暮らせる社会
政策の柱5 誰もが活躍できるまち

問い合わせ先
産業労働局雇用就業部就業推進課
電話 03-5320-4663

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.