トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 5月 > 労働安全衛生法に基づく届出不備について

ここから本文です。

報道発表資料  2018年04月27日  財務局, 交通局, 水道局, 下水道局

労働安全衛生法に基づく届出不備について

都が設置した非常用発電機の燃料タンク等において、労働安全衛生法第88条関連の設備設置等に係る計画の届出不備があったことが判明しましたので、お知らせします。

1 届出不備の内容

法令で定められた規模以上の非常用発電機の燃料タンク等を設置する場合、労働安全衛生法第88条第1項により設置工事の30日前までに労働基準監督機関【注】に計画の届出が必要でしたが、都の工事の多くで届出を行っていませんでした。
【注】労働基準監督署又は東京都人事委員会

2 施設の安全性

都の燃料タンク等の設置に当たっては、消防法に基づく許認可等の手続きや検査などを適切に実施しています。また、設置後も定期的な日常点検や消防法に基づく点検を計画的に実施しており、安全上の問題はありません。

3 今後の対応

所管の労働基準監督機関の指導に基づき適切に対応するとともに、該当する案件を把握した上で、その結果を、ホームページで公表していきます。

問い合わせ先
財務局建築保全部技術管理課
電話 03-5388-2840
交通局都営交通お客様センター
電話 03-3816-5700
水道局建設部技術管理課
電話 03-5320-6356
下水道局施設管理部施設保全課
電話 03-5320-6631

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.