トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 4月 > ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018

ここから本文です。

報道発表資料  2018年04月17日  産業労働局, ショートショートフィルムフェスティバル&アジア事務局

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018 開催!
東京の魅力を世界に発信するショートフィルムを初公開!

東京都が共催しているアジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018」が、6月4日(月曜日)から6月24日(日曜日)まで開催されますので、お知らせします。

オフィシャルコンペティションであるアジア インターナショナル部門、ジャパン部門、「東京」を題材にしたショートフィルムを集めたCinematic Tokyo部門の各優秀賞作品には都知事賞が授与されます。

イベントのチラシの画像

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018」のポイント

厳選約250作品を無料上映!

130を超える国と地域から集まった約10,000本の作品から、厳選した約250作品を上映

多彩な「東京」の魅力を発信するプロジェクトを実施!

1 Cinematic Tokyo部門 コンペティション

「東京」をテーマとした作品を国内外から募集。411作品から選りすぐりの7作品を無料上映

2 Tokyo Cine-magic ショートフィルム

新進気鋭の監督によるショートフィルム「シェイクスピア・イン・トーキョー」をCinematic Tokyo部門で、特別制作作品として初公開

シェイクスピア・イン・トーキョーのチラシの画像

シェイクスピア・イン・トーキョー

兄の仕事に同行して初来日したダウン症のベンは、途中で自分をかまってくれない兄から逃げるように、一人で東京探検に出かける。
ベンは、シェイクスピアの知識と、即興で描くイラスト、そして持ち前のユーモアで、出会った人々の心をつかんでいく。

  • 脚本・監督/ジェネヴィエーヴ・クレイ-スミス
  • キャスト/ジェラルド・オドワイエー 忽那汐里 千葉真一 ジェネヴィエーヴ・クレイ-スミス&パトリック・ブラモール

3 Tokyo Cinema Ensemble コラージュ映像

海外の若手監督3名による「東京」の多様なイメージをつなぎ合わせた映像を制作し上映

一般上映(無料)

日程・会場

  • 6月5日(火曜日)~8日(金曜日)アンダーズ 東京 Andaz Studio
  • 6月7日(木曜日)~10日(日曜日)表参道ヒルズ スペース オー
  • 6月8日(金曜日)~10日(日曜日)六本木ヒルズ ヒルズ カフェ/スペース
  • 6月13日(水曜日)  BASE Q
  • 6月13日(水曜日)~17日(日曜日)ラフォーレミュージアム原宿
  • 6月13日(水曜日)~17日(日曜日)シダックス・カルチャーホール
  • 6月17日(日曜日)~24日(日曜日)LEXUS MEETS… HIBIYA
  • 6月21日(木曜日)~24日(日曜日)iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ

※1 オープニングセレモニーは6月4日(月曜日)、アワードセレモニー(授賞式)は6月17日(日曜日)に報道関係者等を対象として実施します。
※2 上映時間・プログラム内容等詳細は、公式ホームページをご覧下さい。

申込方法

公式ホームページにて4月17日(火曜日)より事前予約を開始します。空席がある場合は、会場で当日券を配布します。
※六本木ヒルズ ヒルズ カフェ/スペース、 LEXUS MEETS… HIBIYA の申込方法については、公式ホームページをご覧ください。
※有料イベントについて
期間中、一部イベントが有料で開催されます。詳細は公式ホームページをご覧下さい。

クリエイターズセミナー(無料)

SSFF & ASIA × なら国際映画祭 共同プロジェクト「シネヴィジョン」

SSFF & ASIAとなら国際映画祭(エグゼクティブディレクター:河瀨直美)が共同して次世代の若きクリエーター達に贈る映画の教室。河瀨監督の最新作『Vision』のプロデューサー、マリアン・スロットを迎え、映画製作に必要な才能、将来の映像・映画製作の展望について語ります。

日時

6月5日(火曜日)18時30分~20時30分

会場

アンダーズ 東京 Andaz Studio

講師

河瀨直美(映画作家)、マリアン・スロット(国際映画プロデューサー)

講師の写真1 講師の写真2
Photographed by LESLIE KEE (C) Laurent Campus

申込方法

公式ホームページにて4月17日より先着順で受け付けます。

※講演内容は、当日、若干変更となる可能性があります。

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」について

平成11年(1999年)、俳優の別所哲也氏がハリウッドのショートフィルム(短編映画)を紹介する映画祭として「ショートショート フィルムフェスティバル」を創設。
平成16年(2004年)、同フェスティバルが米国アカデミー賞公認映画祭として認定され、これにより本映画祭グランプリ作品は、米国アカデミー賞のノミネート選考対象作品となる。
東京都は、平成16年より本フェスティバルのアジアと日本を対象とする部門「ショートショート フィルムフェスティバル アジア」を創設し、共催。
2つの映画祭は、平成18年(2006年)より「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」として同時開催されている。


ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018 公式ホームページ(外部サイトへリンク)

問い合わせ先
(プロジェクトに関すること)
産業労働局観光部振興課
電話 03-5320-4786
(映画祭全体及び取材に関すること)
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア事務局
電話 03-5474-8201

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.