トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 4月 > 鶴見川、霞川で新しい区間の整備に着手

ここから本文です。

報道発表資料  2018年04月16日  建設局

鶴見川、霞川で新しい区間の整備に着手します
水害から都民の命と暮らしを守る 安全なまちの実現に向けて

東京都では、洪水による水害から都民の命と暮らしを守るとともに、うるおいと安らぎのある水辺を創出するため、河川の整備を進めています。
このたび、鶴見川及び霞川の下記区間において、都市計画事業の認可を取得しました。これを受け、河川整備事業に着手しますのでお知らせします。

河川名 事業区間 延長 事業期間
鶴見川(つるみがわ) 町田市図師町字七号(図師大橋上流)~町田市図師町字二号(日影橋上流) 約520メートル 自 平成30年4月16日
至 平成37年3月31日
霞川(かすみがわ) 青梅市今寺一丁目(日野詰橋下流)~青梅市今寺一丁目(稲荷橋下流) 約330メートル 自 平成30年4月16日
至 平成37年3月31日

 

都内の水系の地図

事業の概要

治水安全度の向上

1時間あたり50ミリメートルの降雨による洪水を安全に流すことができるように、川幅を広げるなどの整備を行い、浸水被害の軽減を図ります。

鶴見川

鶴見川の写真1 鶴見川の写真2
今回の整備予定箇所(日影橋下流) 下流の整備済箇所(本村橋下流)

霞川

霞川の写真1 霞川の写真2
今回の整備予定箇所(日野詰橋上流) 下流の整備済箇所(藤の木橋下流)

良好な河川環境の保全・創出

整備にあたっては、親水性や動植物の生育環境、多様な水際の創出に配慮していきます。

鶴見川について

鶴見川は、町田市上小山田に源を発し、神奈川県横浜市内を流れ東京湾に注ぐ、流路延長約42.5キロメートル、流域面積約235平方キロメートルの一級河川です。東京都では、上流の約12.8キロメートルを管理しております。

霞川について

霞川は、青梅市内の丘陵地に源を発し、青梅市中央部を東に流れ、埼玉県入間市を横断し、狭山市下広瀬地先で入間川に合流する、流路延長約15.8キロメートル、流域面積約26.8平方キロメートルの一級河川です。東京都では、上流の約5.5キロメートルを管理しております。

※別添 参考資料(PDF:228KB)

2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「セーフ シティ 政策の柱3 豪雨・土砂災害対策」

問い合わせ先
(鶴見川)
建設局河川部計画課
電話 03-5320-5415
(霞川)
建設局河川部計画課
電話 03-5320-5414

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.