トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 4月 > 自動運転技術等を活用したビジネスプロジェクトを公募

ここから本文です。

報道発表資料  2018年04月10日  政策企画局

東京都内における自動運転技術等を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクトを公募します

自動運転技術は、我が国の成長戦略として大きな意義を有するとともに、地域間の回遊性向上や交通制約者の移動支援、深刻化するドライバー不足への対応など、多くの社会的課題を解決できる可能性を持っています。
今後、自動運転技術の実用化を一層加速させるため、東京都では平成30年度に、自動運転事業者、交通事業者及び物流事業者などによる、自動運転技術とそれ以外の先端的なIoT技術等を組み合わせたビジネスモデルプロジェクトを支援します。今般、支援プロジェクトを以下のとおり募集いたします。

1.概要

東京都が委託した事業プロモーター(日本工営株式会社)が、自動運転技術とそれ以外の先端的なIoT技術等を組み合わせたビジネスモデルプロジェクトを募集し、優れた取組を選定(2件程度)して、プロジェクトの実施に係る支援を行うとともに、実証を通じて得られた結果をもとに法的課題や採算性等を検証します。

事業スキーム

事業の流れの概要図

2.支援内容

本事業では、プロジェクトの実施にかかる費用負担やアドバイス等の実施サポート、プロジェクトの運営支援を事業プロモーターから受けることができます。詳細は、事業プロモーターホームページ(外部サイトへリンク)に掲載している公募要領をご参照ください。

3.応募要件

以下の要件を全て満たすことを応募要件とします(複数の事業者等が共同で応募する場合はいずれかの事業者等が以下の要件を満たしていることとします)。

  • 自動走行技術を有する車両【注】の調達・手配が可能で、テストフィールドや公道等で走行実績を有する事業者等であること。
  • 自動走行技術のみならず、IoTやAI、ICT等の技術によるサービスが実施できる事業者等であること。
  • 東京都からの指名停止措置が講じられている者ではないこと。
  • 国や他自治体からの委託や助成等を受けていない事業であること。
  • 事業プロモーターの関係会社(財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則第8条第8項)が含まれるプロジェクトではないこと。

【注】道路運送車両法第2条第2項に規定する自動車とする。

4.申込について

  • 募集開始
    平成30年4月10日(火曜日)
  • 募集締切
    平成30年5月11日(金曜日)17時30分まで
  • 採用する提案の決定
    平成30年5月下旬~6月上旬

※募集詳細、提案書様式、その他詳細はホームページ(外部サイトへリンク)(事業プロモーターが運営)をご参照ください。

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱5交通・物流ネットワークの形成」

本件は、「ホストシティTokyoプロジェクト」に係る事業です。
「カテゴリー:先端技術 プロジェクト名:テクノロジー・ショーケース」

問い合わせ先
(事業全般に関すること)
政策企画局調整部渉外課
電話 03-5388-2165
(公募要領に関すること)
受託者:日本工営株式会社交通都市事業部都市交通計画部
電話 03-3238-8342

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.