トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 3月 > 神田川流域の最大規模降雨による浸水予想区域図を改定

ここから本文です。

報道発表資料  2018年03月30日  建設局, 下水道局

神田川流域について、想定最大規模降雨による浸水予想区域図に改定しました

平成27年5月の水防法改正を受け、神田川流域について、対象降雨を想定し得る最大規模の降雨に変更して浸水予想区域図を改定しましたので、お知らせします。

公表資料

1.浸水予想区域図とは

都では、平成13年より都独自の取組として河川管理者と下水道管理者、区市町村が連携して、大雨が降った場合に浸水が予想される区域を表示した浸水予想区域図を作成しています。現在まで都管理河川全流域で、対象降雨を平成12年9月に発生した東海豪雨とした浸水予想区域図を公表しており、区市町村が作成するハザードマップの作成等に活用されています。

2.神田川流域 浸水予想区域図の改定について

神田川流域における浸水予想区域図の改定にあたっては、国が定める基準に基づき想定最大規模降雨を定めるとともに、「東京都における洪水・内水浸水予想(想定)区域検討委員会」を設置し、技術的な検討を進めてきました。この検討を受けシミュレーションを実施し、関係区市と内容の確認を行い、改定図を作成しました。

ポイント

  • 想定最大規模降雨 時間最大雨量153ミリメートルを想定
    ※1年間にその規模を超える降雨が発生する確率は概ね1000分の1以下(改定前:東海豪雨 時間最大雨量114ミリメートル)
  • 河川と下水道を一体で解析し、河川と下水道からの浸水をあわせて表示
  • 河川や下水道の施設整備が進んでいること等から、改定前と比べて浸水面積に大きな変化はなし。
  • 関係区市
    15区市(千代田区、中央区、新宿区、文京区、台東区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、練馬区、武蔵野市、三鷹市)
  • なお、水防法に基づき、河川の氾濫のみを表示した洪水浸水想定区域図についても、あわせて改定します。

3.公表資料の閲覧方法

神田川流域 浸水予想区域図(改定)は、下記の場所でご覧になれます。

インターネット

閲覧場所

東京都庁第二本庁舎6階(建設局河川部計画課)、流域内の関係区市、建設局の各建設事務所

2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「セーフ シティ 政策の柱3 豪雨・土砂災害対策」

問い合わせ先
建設局河川部防災課
電話 03-5320-5190
下水道局計画調整部計画課
電話 03-5320-6594

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.