トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 3月 > 環境負荷の少ない船舶へのインセンティブを内航船に拡大

ここから本文です。

報道発表資料  2018年03月29日  港湾局

環境負荷の少ない船舶に対するインセンティブを内航船に拡大します

東京港は、平成27年度から国際的な環境対策プログラムであるESI【注】に参加し、環境負荷の少ない船舶に対するインセンティブ制度を実施しています。
この制度は、これまで外航船を対象としていましたが、平成30年度から内航船も対象とし、より一層環境に配慮したみなとづくりを進めてまいります。

【注】ESIの概要については、別紙(PDF:149KB)のとおり

インセンティブ制度の内容

名称

グリーンシップインセンティブ

対象船舶

東京港に入港する船舶

内容

ESI値20ポイント以上の船舶に対して入港料を減免

ESI値 20.0~29.9 30.0~39.9 40.0~
入港料
減免割合
30% 40% 50%

適用年月日

平成30年4月1日

※ 港湾局が実施する入港料等のインセンティブ制度については、ホームページをご覧ください。

問い合わせ先
港湾局港湾経営部振興課
電話 03-5320-5549

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.