トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 3月 > 防災都市づくり 推進計画整備プログラムと進捗状況

ここから本文です。

報道発表資料  2018年03月27日  都市整備局

「防災都市づくり推進計画」整備プログラムと
「防災都市づくりの進捗状況」をまとめました

東京都は、平成28年3月に改定した「防災都市づくり推進計画」に基づき、防災都市づくりに取り組んでおり、一年ごとにフォローアップ(整備プログラム)を実施することとしています。
この度、平成32年度までの目標達成に向け、木造住宅密集地域の更なる改善を図ることを目的として、各地域で講じられる取組の最新の状況を反映させた、「整備プログラム」を昨年に引き続き、策定しました。併せて、計画に記載された事業による不燃化の進捗状況を「見える化」するため、今回新たに、地域別の改善状況の推移をわかりやすい形で「防災都市づくりの進捗状況」として取りまとめましたので公表します

1 整備プログラム(平成29年度)の策定について

各地域で講じられる取組のうち、今回追加等をした主な内容は以下のとおりです。

道路網について

  1. 防災生活道路を追加(2地区)
  2. 無電柱化の検討路線を追加(3路線)

市街地の不燃化について

  1. 再開発事業を追加(3地区)
  2. 木造住宅密集地域整備事業【注1】の地区面積を拡大(1地区)
  3. 「新たな防火規制区域」【注2】を拡大(1地区)

【注1】老朽木造住宅等が密集する地域において、防災性の向上と居住環境の整備を総合的に行うための東京都の補助事業
【注2】木造住宅密集地域など、災害時の危険性の高い地域等を指定し、建築物の耐火性能を強化する規制(準耐火建築物以上)

2 「防災都市づくりの進捗状況(平成29年度)」の特徴

別添1(PDF:468KB):従来と最新の比較、別添2~5(PDF:2,663KB):掲載内容)

  • 不燃領域率や延焼遮断帯の形成率を最新の数値に更新し、推移をグラフでまとめ、整備地域の改善状況が一目でわかるように「見える化」しました。
  • 地域危険度や整備地域、避難場所の位置なども併せてお示ししました。

3 公表内容の入手方法について

「整備プログラム(平成29年度)」や、「防災都市づくりの進捗状況(平成29年度)」などを都市整備局のホームページに掲載します。
あわせて、オープンデータサイトにもデータを掲載します。

問い合わせ先
都市整備局市街地整備部防災都市づくり課
電話 03-5320-5003

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.