トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 3月 > パラリンピック体験 NO LIMITS CHALLENGEを実施

ここから本文です。

報道発表資料  2018年03月22日  オリンピック・パラリンピック準備局

東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」の実施について

東京都は、東京2020大会に向けて、パラリンピックの魅力を広く知っていただくため、平成27年度から都内各地で展開している東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」について、平成30年度は下記のとおり実施予定ですので、お知らせします。
平成30年度は、パラリンピック全22競技の競技体験やアスリートの魅力発信を行い、「パラスポーツパスポート」(体験会の参加者に体験した競技のスタンプを押すスタンプ帳)を活用して、複数のイベント会場で多くの競技体験をしていただく取組を強化します。
初回となる4月1日(日曜日)の「第64回小金井桜まつり」では、パラリンピアンの根木慎志さん、オリンピアンの柴田亜衣さんをお迎えし、車いすバスケットボールの体験会を実施します。

NO LIMITS CHALLENGEのロゴ画像

1 プログラム概要

区市町村や都各局等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供することにより、パラリンピックの競技や選手の認知度向上を図るとともに、東京2020大会の開催気運の盛り上げにつなげていきます。

パスポートの画像1 パスポートの画像2 体験会の写真
(表紙) (スタンプ押印イメージ) (車いすバスケットボール)
パラスポーツパスポート 体験会の様子
※パラスポーツパスポートは体験会参加者に配布

2 実施日程及び会場

別紙(PDF:120KB)のとおり

3 主催

東京都

4 協力(予定)

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
公益財団法人日本オリンピック委員会
公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会
本事業は、東京2020公認プログラムとして実施します。

5 事業名称について

事業名称である「NO LIMITS CHALLENGE」は、パラリンピックの理念である「失われたものを数えるな、残された機能を最大限に活かせ」という「パラアスリートの無限の可能性の追求」を表現する「NO LIMITS」と、参加型イベントであることを想起させる「CHALLENGE」という2つの言葉を由来としています。

6 専用Webサイトについて

詳細については、4月以降にホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

(参考)初回イベント

<第64回小金井桜まつり>

  • 日時
    平成30年4月1日(日曜日)10時00分~16時00分
  • 会場
    都立小金井公園(東京都小金井市関野町一丁目13−1)
  • 体験競技
    車いすバスケットボール、5人制サッカー
  • ゲスト
    (以下、敬称略)
    根木慎志(パラリンピアン・車いすバスケットボール/シドニー2000大会)
    柴田亜衣(オリンピアン・競泳/アテネ2004大会 金メダリスト)

2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「ダイバーシティ 政策の柱8 誰もがスポーツに親しめる社会」

本件は、「ホストシティTokyoプロジェクト」に係る事業です。
「カテゴリー:大会気運醸成 プロジェクト名:大会を契機としたスポーツの裾野拡大」

問い合わせ先
東京都オリンピック・パラリンピック準備局パラリンピック部調整課
電話 03-5388-2496

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.