トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 3月 > 平成30年度 第2回都民クルーズの参加者募集

ここから本文です。

報道発表資料  2018年03月22日  港湾局

平成30年度 第2回都民クルーズの参加者募集

東京都では、東京港を身近に感じていただくために「都民クルーズ」を実施しています。
都民クルーズでは、幅広く都民の方々に客船クルーズを楽しんでいただくために、通常の乗船料金よりも低廉な価格を設定しています。
平成30年度第2回の都民クルーズは、客船「ぱしふぃっくびいなす」による「世界自然遺産 小笠原クルーズ 返還50周年記念」(5泊6日)です。

1 クルーズの概要

平成30年6月に、小笠原諸島が米国から返還されて50周年を迎えます。記念の節目の月に小笠原へ訪れます。ウミガメ放流など豊かな自然を体感でき、船内イベントでは素敵なラテンサウンドのステージをお楽しみいただけます。

2 スケジュール(6月25日東京港発、同30日東京港着)

 

6月25日(月曜日) 東京港 16時30分
(晴海ふ頭) 19時00分発
乗船受付開始予定
出港
6月26日(火曜日) 終日航海  
6月27日(水曜日) 小笠原(父島) 8時00分着 自由行動(別途料金のオプショナルツアーあり)
6月28日(木曜日) 小笠原(父島)17時00分発 自由行動(別途料金のオプショナルツアーあり)
6月29日(金曜日) 終日航海  
6月30日(土曜日) 東京港 11時00分着
(晴海ふ頭)
入港、下船後解散

※食事回数:朝夕食5回、昼食4回
※最少催行人数:2名、添乗員は同行しませんが、船内ではスタッフが案内いたします。
※時間等のスケジュールは、気象・海象などにより変更となる場合があります。
※小笠原へは入港後、湾内のブイに係留し、通船で順次上陸を予定しています。天候によっては上陸できないこともあります。なお、車椅子での上陸は安全上お断りさせていただきます。

3 募集内容

旅行代金(大人お一人様:消費税込)

客室タイプ・
室数
定員 通常料金 都民クルーズ料金
(15%割引)
ステートG
(15室)
3名利用 184,000円 156,400円
2名利用 230,000円 195,500円
1名利用 299,000円 254,150円
ステートF
(5室)
3名利用 200,000円 170,000円
2名利用 250,000円 212,500円
1名利用 325,000円 276,250円

※お子様(2歳以上小学生まで)は、大人代金の75%となります。
※1室3名使用の場合は、3名様目はソファベッド使用となります。

4 「ぱしふぃっくびいなす」の概要

  • 船籍
    日本
  • 運航会社
    日本クルーズ客船株式会社
  • 就航年
    1998年
  • 総トン数
    26,594トン
  • 全長
    183.4メートル
  • 全幅
    25メートル
  • 乗客定員
    620名
客船の写真
「ぱしふぃっくびいなす」

5 申込みについて

(1) 申込方法

催し名(「世界自然遺産 小笠原クルーズ 返還50周年記念」)、希望客室タイプ、利用人数(3名まで)、申込者全員の郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、生年月日、電話番号を記入の上、(3)の申込先まではがき又はEメールにてお申し込みください。
(申込多数の場合は抽選。1組1応募に限ります。応募者全員に(3)の申し込み先から結果を通知します。)

  • はがきの場合
    上記必要事項を記載の上、(3)の申込先まで
  • Eメールの場合
    件名を【ぱしふぃっくびいなす 都民クルーズ応募】とし、上記必要事項を記載の上、cctweb(at)ytk.co.jp (郵船トラベル株式会社 クルーズセンター東京 都民クルーズ係)まで
    ※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

(2) 申込期限

平成30年5月21日(月曜日)消印有効

(3) 申込先及び問合せ先

〒101-8422 東京都千代田区神田神保町2-2 8階
郵船トラベル株式会社 クルーズセンター東京 都民クルーズ係
電話:03-5213-9987
※旅行企画・実施/日本クルーズ客船株式会社(観光庁長官登録旅行業第1340号)

(4) 申込対象

都内在住または在勤の方

問い合わせ先
港湾局港湾経営部振興課
電話 03-5320-5529

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.