トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 3月 > 平成30年度から「東京都GAP認証制度」を開始

ここから本文です。

報道発表資料  2018年03月06日  産業労働局

平成30年度から「東京都GAP認証制度」を開始します!

東京都では、持続可能な東京農業の実現と東京2020大会における都内産農産物の活用に向けて、現在、大会組織委員会が公表した農産物の調達基準の要件を満たすGLOBAL G.A.P.やJGAP Advance(現:ASIAGAP)の認証取得支援に取り組んでいます。
この取組に加え、都内農業者の認証取得を一層促進するため、同じく大会組織委員会の調達基準の要件を満たす「農林水産省のGAPガイドライン」に基づく、東京都GAP認証制度を平成30年度から開始しますので、お知らせします。
※GAPとは、農業において、食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取組のことです。

東京都GAP認証制度の主な特徴

大会組織委員会の調達基準を満たし、東京農業の特徴を反映した認証制度

  1. 農作業の効率化や販売先からの信頼性の向上など、経営の改善に役立ちます。
  2. 東京2020大会への農産物の提供が可能になります。
  3. GAP指導員の資格を持つ職員が、農業者の申請から認証取得まできめ細かく支援します。
  4. 認証審査等を都が実施し、審査期間の短縮、費用を無償にするなど、認証取得に係る負担を軽減します。

東京都GAP認証制度のしくみ

認証までのフローチャート

今後の予定等

  • 3月以降、農業者等に対する説明会を、都内各地で順次、開催します。
  • 4月に、農業振興事務所振興課(立川)に申請の窓口を設置します。

なお、具体的な取組事項がわかる「東京都GAP管理基準書」や適切な生産管理について自己点検ができる「チェックシート」等を、東京都農林水産部ホームページに掲載しましたので、ぜひご覧ください。

本事業は「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
スマート シティ 政策の柱4 国際金融・経済都市

問い合わせ先
産業労働局農林水産部食料安全課
電話 03-5320-4834

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.