トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 2月 > 将来的に学校への移行を見据えた不登校特例校を設置

ここから本文です。

報道発表資料  2018年02月23日  教育庁

<全国初>将来的に学校への移行を見据えた分教室の形の不登校特例校が設置されます

東京都教育委員会では、不登校児童・生徒に対する多様な教育機会を確保する観点から、都内における不登校施策を推進しています。
このたび、調布市教育委員会が文部科学省からの指定を受け、平成30年4月に不登校特例校(※1)を開設することとなりましたのでお知らせします。

※1 不登校特例校
不登校児童・生徒を対象として、文部科学大臣が認める場合に、その実態に配慮した特別の教育課程を編成して教育を実施する学校

【新たに開設される不登校特例校】(調布市教育委員会発表)

調布市立第七中学校「はしうち教室」(校長 吉岡俊幸)
調布市菊野台3-27-38 大町スポーツ施設内


今回指定を受けた不登校特例校は、将来的に学校への移行を見据えつつ、当分の間、分教室(※2)として設置・運営される全国初の取組です。

分教室の形の不登校特例校は、文部科学省の定める設置基準を満たした学校への移行が想定されていることから、不登校児童・生徒への教育機会の充実が段階的に図られています。なお、施設整備に要する費用や関係者間の調整等に係る負担が比較的小さいことから、速やかに設置することが可能となります。
東京都教育委員会では、このような学びの場を「東京版不登校特例校」と位置付け、当初から学校の形で設置される不登校特例校とともに、区市町村教育委員会への支援を通じた設置促進を図ってまいります。

※2 分教室
一般的に本校から分離し、他の建物の一部を使用して設置する教室

1 「はしうち教室」の概要

別紙1「調布市立第七中学校『はしうち教室』の開設について(調布市教育委員会発表資料)」(PDF:167KB)

2 東京都教育委員会の取組

別紙2「不登校特例校の設置促進に向けた東京都教育委員会の取組について」(PDF:555KB)

問い合わせ先
(不登校特例校の設置、教育内容に関すること)
調布市教育委員会教育部指導室
電話 042-481-7478
電話 042-481-7479
(東京都教育委員会の取組に関すること)
教育庁指導部指導企画課
電話 03-5320-6889
ファクス 03-5388-1733
Eメール S9000020(at)section.metro.tokyo.jp
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。
お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.