トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 2月 > キャップ&トレード制度 第二計画期間2年度目の実績

ここから本文です。

報道発表資料  2018年02月21日  環境局

東京都キャップ&トレード制度 第二計画期間2年度目の実績
第二計画期間初年度に引き続き、対象事業所の排出量削減が継続

このたび、キャップ&トレード制度の第二計画期間2年度目(平成28年度)の排出量を集計し、削減実績をとりまとめましたので、お知らせします。
平成28年度の対象事業所の排出量は合計1,213万トンとなり、積極的な省エネ対策への取組によって、基準排出量から-26%削減(前年度比-1%、-12万トン削減)を達成しました。また、総延べ床面積が50万平方メートル※1以上増加する中でも削減が継続しており、床面積当たりの排出量も減少しています。
都は、第二計画期間においても、全ての事業所が義務履行できるよう、引き続き、対象事業所におけるCO2削減を促進してまいります。

※1 前年度から都庁舎全体の1.3倍の床面積が増加する中、都庁舎の年間排出量の5倍相当を削減

対象事業所の総CO2排出量の推移

CO2排出量経年変化のグラフ

※2 基準排出量とは、事業所が選択した平成14年度から平成19年度までのいずれか連続する3か年度排出量の平均値
※3 平成30年1月18日時点の集計値(電気等の排出係数は第二期の値で算定)

東京都キャップ&トレード制度とは

都は、平成22年度から環境確保条例に基づき、大規模事業所に対する「温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度(キャップ&トレード制度)」を開始しました。

  • 削減義務率
    第一期(平成22年度~平成26年度) 8%又は6%
    第二期(平成27年度~平成31年度) 17%又は15%
  • 対象事業所
    約1,200事業所(年間のエネルギー使用量が原油換算で1,500キロリットル以上の事業所)

※別添 参考資料(PDF:356KB)

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱1 スマートエネルギー都市」

問い合わせ先
環境局地球環境エネルギー部総量削減課
電話 03-5388-3487

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.