トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30(2018)年 > 2月 > 中学校における特別支援教室の導入ガイドラインを作成

ここから本文です。

報道発表資料  2018年02月08日  教育庁

「中学校における特別支援教室の導入ガイドライン」を作成しました

東京都教育委員会では、東京都発達障害教育推進計画(平成28年2月)及び東京都特別支援教育推進計画(第二期)・第一次実施計画(平成29年2月)に基づき、発達障害のある児童・生徒が在籍校で特別な指導を受けることができるよう、公立小・中学校に特別支援教室の導入を進めているところです。
小学校については、平成28年度から導入を開始し、平成30年度に全校への導入を完了する予定です。中学校においても、平成30年度以降、準備の整った区市町村から順次導入し、平成33年度までに全校への導入を完了する計画です。
このたび、区市町村が中学校へ順次導入を開始するに当たり、導入のための手引として「中学校における特別支援教室の導入ガイドライン」を作成しましたので、お知らせします。

(1) 中学校における特別支援教室の導入ガイドライン(概要)

(2) 中学校における特別支援教室の導入ガイドライン

問い合わせ先
教育庁都立学校教育部特別支援教育課
電話 03-5320-7838
ファクス 03-5388-1728
メール S9000012(at)section.metro.tokyo.jp
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。
お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

ページの先頭へ戻る