トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 2月 > 東京2020大会 持続可能性に配慮した新たな取組を開始

ここから本文です。

報道発表資料  2018年02月05日  オリンピック・パラリンピック準備局

「東京2020大会持続可能性に配慮した調達コード」に係る新たな取組を開始します

東京都は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が策定した「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 持続可能性に配慮した調達コード(第1版)(以下、「調達コード」という。)」を尊重し、大会競技施設の整備に当たって持続可能性に配慮した木材を使用するなど、大会準備を進めています。
このたび、大会準備に密接な契約案件について、調達コードに示された「担保方法」や「通報受付窓口」について、新たな取組を開始しますので、お知らせします。

1 対象となる契約

  1. 競技会場として使用する施設の整備
  2. オリンピック・パラリンピック準備局が組織委員会と共同又は連携して実施する事業

2 今回新たに開始する取組

  1. 契約締結の条件として、受託者から調達コードの遵守に向けて取り組む旨の誓約書を徴取
  2. 調達コードの遵守状況について、通報を受け付ける窓口を設置
    ※ 窓口の詳細については、3月下旬頃にオリンピック・パラリンピック準備局のホームページに掲載予定(別途お知らせいたします)

3 開始時期(予定)

平成30年4月2日(月曜日)
※ 既に契約済の案件についても、文書により調達コードの遵守に向けて取り組むよう要請

参考

調達コードについては、別紙「「持続可能性に配慮した調達コード」の概要(PDF:189KB)」(平成30年1月17日時点組織委員会作成資料)をご参照ください。

問い合わせ先
オリンピック・パラリンピック準備局総合調整部計画運営課
電話 03-5388-2870

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.