トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30(2018)年 > 2月 > 東京23区の大学定員抑制に反対するシンポジウムを開催

ここから本文です。

報道発表資料  2018年02月01日  政策企画局

「東京23区の大学の定員抑制に反対するシンポジウム
これでいいのか!?地方創生、大学のあり方」を開催します!

国は、地方創生を図るという名目で、東京23区の大学の定員増を抑制しようとしており、現在開会中の通常国会においては、その法制化を図ろうとしています。
東京都は、こうした国の動きに対し、これまで一貫して反対してきたところであり、この度、これに反対するシンポジウムを開催することになりました。
今回のシンポジウムは、大学の定員抑制の社会的影響や問題点について話し合うことを通じて、地方創生や大学のあり方を多くの方に考えていただくことを目的としています。
多数のご参加をお待ちしております。

1 日時

平成30年2月9日(金曜日)15時30分から16時30分まで(開場15時00分)

2 場所

都民ホール(都議会議事堂1階)

3 出演者

東京都知事 小池百合子

  • パネリスト
    尾木直樹さん(教育評論家・法政大学特任教授)
    パックン(パトリック・ハーラン)さん(タレント)
    八代尚宏さん(昭和女子大学グローバルビジネス学部長・特命教授)
  • コーディネーター
    石山愛子さん(フリーアナウンサー)

4 参加対象者

教員、学生、会社員、公務員等、この問題について考えていただける方ならどなたでも可
※小学生以下は、保護者同伴でお願いします。

5 定員

250名(先着順)

6 参加費

無料

7 参加方法

当日現地受付(先着順)

8 主催

東京都

9 その他

詳細はチラシ(PDF:921KB)をご覧ください。

問い合わせ先
政策企画局調整部渉外課
電話 03-5388-2152

ページの先頭へ戻る