トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30(2018)年 > 1月 > 「自画撮り被害」防止に向けた集中啓発の実施

ここから本文です。

報道発表資料  2018年01月19日  青少年・治安対策本部

「自画撮り被害」防止に向けた集中啓発の実施
2月1日改正東京都青少年健全育成条例 全国初の施行

青少年がだまされたり脅されたりして、自分の裸体等を撮影し、メール等で送らされる、いわゆる「自画撮り被害」防止に向けた「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」が2月1日に全国に先駆けて施行します。
青少年に裸体等の「自画撮り画像」を不当に求めることは犯罪となり、30万円以下の罰金が科されます。
東京都では、条例施行に合わせ、「自画撮り被害」防止に向けた集中啓発を2月から3月に実施します。

1 主な取組内容

(1)街頭PR等

1)中学生等によるPR

  • 日時
    平成30年2月1日(木曜日)
    16時00分から16時30分までの予定
  • 場所
    渋谷駅前(ハチ公口)

※渋谷区立中学校の生徒等による呼びかけ

2)街中への広告(2月)

大型街頭ビジョン(渋谷スクランブル交差点、新宿駅西口広場ほか)や都内全域の路線バス車内など

広告の写真
〈広告〉

(2)ドラマ形式の啓発用DVD配布(3月末)

都内全高校、区市町村等に配布、ホームページ掲載

DVD映像の画像
〈啓発用DVD〉

(3)青少年の性被害防止講習会(※)

  • 日時
    平成30年1月27日(土曜日) 10時50分から11時50分まで
  • 場所
    杉並区立荻窪中学校
  • 対象
    1~3年生の生徒270名とその保護者

(※)平成29年度計60回実施(2月、3月も随時実施)

青少年・治安対策本部公式ツイッター(外部サイトへリンク)

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「ダイバーシティ 政策の柱7 未来を担う人材の育成」

問い合わせ先
青少年・治安対策本部総合対策部青少年課
電話 03-5388-3186

ページの先頭へ戻る