トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30(2018)年 > 1月 > 都の死亡野鳥における鳥インフルエンザ検査実施状況

ここから本文です。

報道発表資料  2018年01月10日  環境局

東京都で回収された死亡野鳥における鳥インフルエンザ検査実施状況について

平成30年1月5日に東京都大田区において回収されたオオタカ1羽について、国立環境研究所が遺伝子検査を実施したところ、A型鳥インフルエンザウイルス「陽性」であることが確認されましたので、お知らせします。
今後、環境省が、高病原性鳥インフルエンザウイルスの確定検査を実施しますが、検査結果判明まで数日から1週間程度かかる見込みです。
なお、現時点において、病性は未確定ですのでご留意ください。
また、確定検査の結果、陰性となることもあります。

1 これまでの経緯

  • オオタカ1羽の死体を回収(1月5日)。東京都が簡易検査を実施したところ陰性と判明
  • 1月10日に国立環境研究所が遺伝子検査を実施したところ、A型鳥インフルエンザウイルス陽性と判明
  • 同日、環境省が、発生地周辺10キロメートル圏内を野鳥監視重点区域に指定
  • 今後、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究部門に確定検査のため検体を移送予定

2 今後の対応

環境省により指定された野鳥監視重点区域(当該死亡野鳥が回収された場所を中心とする半径10キロメートル圏内)において、野鳥の監視を強化する。

参考

問い合わせ先
環境局自然環境部計画課
電話 03-5388-3505

ページの先頭へ戻る