トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30(2018)年 > 1月 > X-HUB TOKYO ドイツ2都市コースの採択企業が決定

ここから本文です。

報道発表資料  2018年01月09日  産業労働局

平成29年度新規事業
X-HUB TOKYO ドイツ ベルリン・ミュンヘンコースの採択企業が決定!

東京都では、昨年10月より都内起業家の世界展開を後押しするプログラムを開始いたしました。本プログラムは、進出希望エリア毎にプログラムを設定し、事前トレーニングや海外の大企業等とのマッチングを通じて、世界展開を行う際に必要となるパートナーの獲得を目指します。
このたび、ドイツ ベルリン・ミュンヘンコースの採択企業5社が決定しましたので、お知らせします。

採択企業及び事業内容

会社名(代表者名) 事業内容

Ascent Robotics Inc.のロゴ

Ascent Robotics Inc.(Almeida Fred、石崎雅之) 自動車や産業用ロボット向け人工知能ソフトウェアの開発

エルピクセル株式会社のロゴ

エルピクセル株式会社(島原佑基) 医療画像診断支援技術「EIRL」

Coaido株式会社のロゴ

Coaido株式会社(玄正慎) 周囲の助けも得られる119番通報アプリ「Coaido119」

Tokyo Hearth, Inc.のロゴ

Tokyo Hearth,Inc.(紀野知成) 国際住宅の賃貸管理サービス
Trillium株式会社のロゴ Trillium株式会社(David M. Uze) 車載可能な超軽量自動車サイバーセキュリティソリューション

プログラム概要

事前支援プログラム

  • 現地の法制度の概要、進出時の留意点等の情報提供
  • 英語コミュニケーション、ピッチの基礎的な内容に関するセミナー
  • 専門家による英語コミュニケーション、ピッチの実践トレーニング など

マッチングプログラム

  • 都内起業家と海外大企業のビジネスマッチング等
  • 都内起業家から海外ベンチャーキャピタリストに対して、短時間のピッチを行う場
  • 海外アクセラレーター等を招き、現地で実施するプログラムについての情報提供

2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱4 国際金融・経済都市」

問い合わせ先
産業労働局商工部創業支援課
電話 03-5320–4749

ページの先頭へ戻る