トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 12月 > 多摩動物公園 ニホンコウノトリを交換

ここから本文です。

報道発表資料  2017年12月26日  建設局, (公財)東京動物園協会

多摩動物公園情報 ニホンコウノトリを交換します

多摩動物公園(園長 永井清)では、このたび、よこはま動物園ズーラシア(神奈川県横浜市)との間で、ニホンコウノトリを交換することになりましたので、お知らせします。

1.交換するニホンコウノトリ

移動先及び移動元 よこはま動物園ズーラシア

搬出個体

  1. オス 2007年4月18日 豊橋市総合動植物園生まれ
  2. メス 2003年3月11日 当園生まれ
写真
【搬出するニホンコウノトリ 左:オス、右:メス】
(撮影日:平成29年12月2日)

搬入個体

  1. オス 1996年5月23日 当園生まれ
  2. メス 1998年4月28日 兵庫県立コウノトリの郷公園生まれ

なお、オスについてはオス同士の交換、メスについては搬出個体がブリーディングローン(※)による貸付、搬入個体が兵庫県立コウノトリの郷公園に帰属する個体であるため、同園からの譲受となります。

※ブリーディングローンについて
繁殖を目的とした動物の貸借契約のこと。動物園間で個体を移動させることによって新たなペア形成を促し、繁殖に寄与することを目的としています。

2.移動予定日

平成30年1月12日(金曜日)

3.経緯

多摩動物公園は、ニホンコウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)の一員として、他施設と協力しながら、遺伝的に健全な野外個体群および飼育下個体群の維持を目指し、ニホンコウノトリの保全に取り組んでいます。当園は、国内の飼育下個体の約3分の1を有し、また、ペアづくりが難しいニホンコウノトリにおいて集団見合い方法で数多くのペアを形成した実績があることから、飼育下個体群の中で新しいペアを形成する役割を担っています。
今回、当園の既存ペアとよこはま動物園のペアになっていない2羽を交換することで、今後、園内で新たなペアの形成を目指します。

4.当園での飼育状況(2017年12月26日現在)

52羽(オス27、メス25) ※今回搬出する2羽を含みますが、搬入する2羽は含みません。

5.国内の飼育状況(2017年10月18日現在)

17施設 192羽(オス96、メス95、不明1)
資料:ニホンコウノトリ国内飼育状況調査結果【(公社)日本動物園水族館協会】

参考

ニホンコウノトリ(コウノトリ目 コウノトリ科)
(ワシントン条約附属書1、IUCNレッドリスト:EN(絶滅危惧1B類)、特別天然記念物、東京都ズーストック種)
※「附属書1」「1B類」の数字の正しい表記はローマ数字です。

  • 学名
    Ciconia boyciana
  • 英名
    Oriental white stork
  • 分布
    東アジアの草原や湿地
  • 生態等
    全長約1.2メートル、体重約4キログラム。魚・カエル・ザリガニ・バッタなどを食べます。コウノトリは1回の産卵で2~5個の卵を産み、孵化日数は約30日とされ、孵化してから巣立ちまで約60日かかります。明治時代以前には日本でも普通に見られた鳥ですが、乱獲や農薬など環境の変化により、野生のものは日本から姿を消してしまいました。
    その後、飼育下での繁殖が進み、平成17年から兵庫県が放鳥を開始。平成19年には野外で43年ぶりにヒナが巣立ちし、以後毎年、野外で繁殖しています。
問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
【多摩動物公園】
電話 042-591-1611
建設局公園緑地部管理課
電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る