トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 12月 > 業務提供誘引販売取引事業者に9か月の一部業務停止命令

ここから本文です。

報道発表資料  2017年12月21日  生活文化局

エキストラのバイト募集、オーディションを口実に消費者を呼び寄せ、
レッスン契約を締結していた事業者に9か月の一部業務停止命令

本日、東京都はエキストラのバイト募集、オーディションを口実に消費者を呼び寄せ、レッスンを受ければエキストラのアルバイト等の収入が得られるといって自らの運営する音楽及び芸能タレントスクールのレッスン受講契約を勧誘する「業務提供誘引販売取引」(※)を行う事業者に対し、特定商取引に関する法律に基づき、9か月の業務の一部停止を命じました。

(※)「業務提供誘引販売取引」とは「仕事を提供するので収入が得られる」という口実で消費者を誘引し、仕事に必要であるとして、商品等を売って金銭負担を負わせる取引のことをいいます。

事業者の概要

  • 事業者名
    株式会社アイピーシー
  • 代表取締役
    小菅千惠子
  • 本店所在地
    東京都杉並区高井戸東三丁目10番9号
  • 業務内容
    音楽及び芸能タレントスクールの経営
<勧誘の流れ>
図

事業者に関する都内の相談の概要(平成29年12月20日現在)

図

消費者の方へ

  • 本来の目的と違う内容の契約を勧められたら要注意!!
    アルバイトをするだけ、オーディションを受けるだけのつもりで事務所に出向いたのに、結果的に高額なレッスン契約をしてしまったという相談が多く寄せられています。本来の目的と違う内容の契約を勧められた時は、その場の雰囲気で契約を結ばず、家族や友人にも相談しましょう。不要ならばきっぱりと断りましょう!
  • レッスンを受ければ、すぐに仕事につながるわけではありません。
    タレントになれると言われてレッスンをしたのに、「期待したような仕事が紹介されない。」といった相談も多くみられます。甘い期待や軽い気持ちで契約することは避けましょう。
  • 同様のトラブルでお困りの方は、すぐに最寄りの消費生活センターにご相談ください。
    東京都消費生活総合センター 電話 03-3235-1155

※別紙 詳細(PDF:280KB)
※参考資料1 事例1~3(PDF:270KB)
※参考資料2 タレント・モデル契約、レッスン契約に関連した消費者の方への情報提供(PDF:327KB)

問い合わせ先
生活文化局消費生活部取引指導課
電話 03-5388-3074

ページの先頭へ戻る