トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 12月 > 都有地活用による地域の福祉インフラ整備事業者を決定

ここから本文です。

報道発表資料  2017年12月21日  福祉保健局

都有地活用による地域の福祉インフラ整備事業
地域密着型特別養護老人ホーム等整備・運営事業者を決定!
杉並区成田東三丁目・平成31年度開設予定

東京都では、用地確保が困難な都市部において、都有地を低廉な価格で貸し付けることによって、特別養護老人ホーム等の整備を促進しています。
杉並区内の都有地において、施設を整備・運営する事業者を今年4月に公募していましたが、このたびその事業者を決定したのでお知らせいたします。

1 借受者

社会福祉法人愛あい会

2 貸付予定地

  • 所在地(地番) 東京都杉並区成田東三丁目337番2
  • 敷地面積 約1,635平方メートル(契約締結時に確定)

3 提案概要(施設規模等)

  • 地域密着型特別養護老人ホーム(ユニット型:定員29人)
  • 小規模多機能型居宅介護事業所(登録定員29人)

4 貸付期間

50年(定期借地権設定契約)

5 選定方法

都有地等利用事業者選定審査会において、適格性を審査

6 応募状況

応募者数 2法人

7 今後の予定

施設整備費補助内示後、貸付契約を締結

※別紙 借受者の法人及び提案内容の概要(PDF:195KB)

2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「ダイバーシティ 政策の柱2 高齢者が安心して暮らせる社会」

問い合わせ先
福祉保健局高齢社会対策部施設支援課
電話 03-5320-4225

ページの先頭へ戻る