トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 12月 > 東京都立中央図書館 企画展示・公開講座を開催

ここから本文です。

報道発表資料  2017年12月20日  教育庁

東京都立中央図書館
企画展示「東京」いまむかし 鉄道網の発達による賑わいの変遷
公開講座「東京」散歩学

都立中央図書館では、都市や東京に関する豊富な資料を活用した都市・東京情報サービスを行っており、その一環として、今年度は、企画展示実施期間中に3回の公開講座を行うほか、図書館司書によるギャラリートークや館内でのスタンプラリーも実施します。是非ご参加ください。

1 企画展示 「東京」いまむかし 鉄道網の発達による賑わいの変遷

今回の企画展示では、江戸当時の賑わいと、明治以降の鉄道網の発達により、東京各地に広がっていった賑わいの様子を、今昔も対比しながら紹介していきます。

(1) 会期

平成30年1月20日(土曜日)から平成30年3月11日(日曜日)まで
【休館日 2月1日(木曜日)・16日(金曜日)、3月1日(木曜日)】
平日(月曜日から金曜日)は午前10時00分から午後8時00分まで
土曜日・日曜日・祝日は午前10時00分から午後5時30分まで

(2) 会場

都立中央図書館 4階 企画展示室(入場無料)

(3) 展示内容

〔第1章 鉄道網の発達と賑わいの広がり〕

明治5年に鉄道が開通して以降、東京では鉄道網の整備が進められました。大正から昭和にかけて、鉄道網の発達に伴い、観光ブームが沸き起こります。鉄道各社は沿線の開発にも力を入れて、観光名所を宣伝するために「沿線案内図」等を制作しました。これらの貴重な資料により、鉄道網の発達と賑わいの地の広がりをご紹介します。
併せて、平成27年度の企画展示で好評を博した、東京の地下鉄を立体的に表した立体模型「東京動脈」(栗山貴嗣氏制作・所蔵)を展示します。

〔第2章 各地の賑わい〕

明治以降、各地に広がっていった賑わいの様子を「花」「水」「寺社」のテーマごとに、図書館所蔵資料によりご紹介します。併せて、隅田川岸の花見や紅葉を楽しむ庶民の様子を描いた屏風絵『江戸近郊春秋遊興図屏風』六曲一双(たばこと塩の博物館所蔵)を展示します。

[(春の屏風展示期間)1月20日~2月15日 (秋の屏風展示期間)2月17日~3月11日]

(4) その他

図書館司書によるギャラリートークを、期間中午後3時00分より実施します(公開講座開催日2月4日、10日、18日を除く)。
館内スタンプラリーを実施します(先着3,000名にオリジナル手ぬぐい進呈)。

2 公開講座 「東京」散歩学

「東京」散歩学では、鉄道網の発達やまちの変遷といった視点から、東京を知り尽くした3人の講師が、一味違ったまち歩きの楽しみ方をご紹介します。

第1回「沿線案内図に見る東京の鉄道発達史」

  • 日時
    平成30年2月4日(日曜日) 午後2時00分から午後4時00分
  • 講師
    今尾恵介氏(地図研究家、(一財)日本地図センター客員研究員)
  • 内容
    私鉄沿線開発を紹介した沿線案内図や自身の著作『地図で解明!東京の鉄道発達史』(JTBパブリッシング 2016)を題材に、東京の鉄道網の発達とまちの変遷についてお話しいただきます。
  • 経歴
    1959年横浜市生まれ。小中学時代より地形図と時刻表を愛好、現在に至る。明治大学文学部中退後、出版社勤務を経て1991年よりフリーライターとして地図・地名・鉄道の分野で執筆活動を開始。著書に『地図入門』(講談社選書メチエ 2015)、『ふらり珍地名の旅』(筑摩書房 2015)など多数

第2回「東京今昔町あるき」

  • 日時
    平成30年2月10日(土曜日) 午後2時00分から午後4時00分
  • 講師
    泉麻人氏(コラムニスト)
  • 内容
    東京をくまなく歩き、『大東京23区散歩』(講談社 2016)をはじめとする数多くの著作経験を基に、過去から現在までの東京各地域の賑わいの変遷と魅力についてお話しいただきます。
  • 経歴
    1956年東京生まれ。慶應義塾大学商学部卒業。東京ニュース通信社に入社し、「週刊TVガイド」の編集のかたわら「スタジオ・ボイス」「ポパイ」などに原稿を書き始める。84年退社、フリーのコラムニストとなる。著書に『東京いい道、しぶい道』(中央公論新社2017)、『東京いつもの喫茶店 散歩の途中にホットケーキ』(平凡社2013)など多数

第3回「『散歩の達人』に学ぶ街歩きの楽しみ方」

  • 日時
    平成30年2月18日(日曜日) 午後2時00分から午後4時00分
  • 講師
    武田憲人(たけだけんじん)氏(『散歩の達人』統括編集長)
  • 内容
    東京を代表する情報誌『散歩の達人』(交通新聞社)の編集に長く携わり、その豊かな取材経験から、今まで気が付かなかった東京の魅力と、これからの東京の展望についてお話しいただきます。
  • 経歴
    1964年大阪府生まれ。武蔵大学人文学部社会学科卒。広告代理店NKB、(株)扶桑社「週刊SPA!」編集部を経て、1996年、(株)弘済出版社(現・交通新聞社)入社、「散歩の達人」編集部所属。2000年、編集長就任。2017年10月より統括編集長。散歩の達人をベースにした、散歩の達人MOOK、単行本なども含めた総責任者となる。

(1) 会場

東京都立中央図書館 4階 多目的ホール (参加無料)

(2) 募集人数

各回100名 応募者多数の場合は、講座ごとに抽選を行います。

(3) 申込み

次のいずれかの方法でお申込みください。

  1. WEB 東京都立図書館ホームページ
  2. 往復はがき
    〒106-8575 港区南麻布5-7-13
    東京都立中央図書館 都市・東京情報担当
    記入事項
    1)希望する回の講座名(3講座まで) 2)住所 3)氏名(ふりがな) 4)電話番号
    ※必要な方は以下も記載してください。
    5)手話通訳又は要約筆記の有無 6)介助者等の座席・車椅子の有無 7)託児サービス(6ヶ月から未就学児)利用希望の有無(子供の人数と年齢)

(4) 申込締切

平成30年1月14日(日曜日)(当日消印有効)

写真

※別添チラシ「東京都立中央図書館 企画展示「東京」いまむかし 鉄道網の発達による賑わいの変遷、公開講座「東京」散歩学」(PDF:1,389KB)

東京都立中央図書館

所在地

港区南麻布5-7-13(有栖川宮記念 公園内)

最寄り駅

  • 東京メトロ日比谷線 広尾駅 1番出口から徒歩8分
  • 東京メトロ南北線・都営地下鉄大江戸線 麻布十番駅 徒歩20分
  • 都営バス 橋86系統(目黒駅前~新橋駅前・東京タワー)愛育クリニック前 徒歩2分
  • 港区コミュニティバス(ちぃばす)麻布西ルート97 愛育クリニック 徒歩2分

図

問い合わせ先
東京都立中央図書館
電話 03-3442-8451(代)
ファクス 03-3447-8924
Eメール S9000051(at)section.metro.tokyo.jp
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。
お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

ページの先頭へ戻る