トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 12月 > 補助第71号線(北新宿一丁目)拡幅整備による効果

ここから本文です。

報道発表資料  2017年12月19日  建設局

補助第71号線(北新宿一丁目)拡幅整備による効果
完成約6ヶ月後の利用状況

東京都が整備を進めている東京都市計画道路補助第71号線の北新宿一丁目交差点西側の拡幅整備が、平成29年3月23日に完了しました。
これにより、右折レーンが設置され、渋滞が緩和されるなど、下記のようなストック効果※1が得られましたので、お知らせします。

※1 ストック効果:整備された社会資本が機能することによって、継続的に中長期にわたり得られる効果

開通後の主な効果(別紙(PDF:193KB)参照)

交差点通過時間の短縮!

  • 北新宿一丁目交差点を中野方向から飯田橋方向へ通過する時間が、101秒から52秒になり、約5割短縮※2しました。

渋滞の発生する割合が約7割※2減少しました!

※2 調査日
【開通前】平成22年2月4日(木曜日)7時00分~19時00分
【開通後】平成29年9月27日(水曜日)7時00分~19時00分

地元の方々が整備効果を実感!

  • 歩道が広くなり、徒歩や自転車で通行しやすくなった。
  • 電線類が地中化されて景観が良くなった。

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱5 交通・物流ネットワークの形成」

問い合わせ先
建設局道路建設部街路課
電話 03-5320-5344
建設局第三建設事務所工事第一課
電話 03-3387-5349

ページの先頭へ戻る