トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29年(2017年) > 12月 > 「ニューテックビジネスキャンプ東京」参加企業が決定

ここから本文です。

報道発表資料  2017年12月08日  政策企画局

東京都アクセラレータプログラム「ニューテックビジネスキャンプ東京」
参加企業が決定しました

東京都では、東京の国際競争力を向上させ、更なる成長へと導くため、IoT、ビッグデータ、人工知能等の第4次産業革命関連の先端技術を持つ外国企業誘致に積極的に取り組み、海外の優れた技術やノウハウの国内企業への移転等を推進しております。
その取組の一環として、東京都アクセラレータプログラム「ニューテックビジネスキャンプ東京」を本年度初めて実施することとし、9月22日から11月3日の間、参加外国企業を募集してきたところです。
その結果、15か国、49企業からの応募があり、この度、本プログラムに参加する外国企業(8社)を下記のとおり決定しましたので、お知らせします。

参加企業(アルファベット順)及びその概要

企業名 国・地域 主なサービス概要
e-bot7 GmbH
(イーボットセブン)
ドイツ 企業が有する顧客管理システムと連携し、ディープラーニングを活用して、受け付けた問い合わせ内容を分析し、最適な回答案を提供。
IndoorAtlas Ltd
(インドアー アトラス)
フィン
ランド
地下空間の構造物を支える鉄骨から発生する磁力をスマートフォンの磁気センサーによって読み取り、屋内において高精度な測位で現在地を推定。
Malong Technologies
(マーロン テクノロジー)
中国 人工知能を活用したディープラーニング画像認識技術により、写真一枚で製品や素材、ブランドなどを高い精度で識別。
MoBagel Inc.
(モベーグル有限会社)
アメリカ 人工知能を活用した分析エンジンにより、多種多様なIoT端末からのデータをスムーズに受け取り、生産現場等におけるコスト削減に貢献。
Roam Robotics, Inc.
(ローム ロボティクス)
アメリカ 膝関節関連疾患等の患者や、ランニング、スキー、ハイキング等を行う人をサポートするハードウェアを提供。
SmartBeings Inc.
(スマートビーイングス)
アメリカ 人工知能を内蔵した対話型デバイスを安価に提供。自宅の家電製品を音声でコントロールしたり、顔認識カメラで遠隔地の人物を認識する機能を搭載。
Tamr, Inc.
(テイマー)
アメリカ 人工知能を活用したデータの整理・分析サービスにより、企業のデータ管理のコストを削減。
TriggarVR Pty Ltd
(トリガーVR)
オーストラリア バーチャルリアリティ等に特化したサービスを提供し、より鮮明で臨場感のある仮想現実の体験を提供。

 

図

 

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱4 国際金融・経済都市」

問い合わせ先
政策企画局調整部渉外課
電話 03-5388-2864

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.