トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 11月 > 都政モニターアンケート結果 食習慣と外食・中食

ここから本文です。

報道発表資料  2017年11月29日  生活文化局

平成29年度第3回インターネット都政モニター
「都民の食習慣と外食・中食の利用状況」アンケート結果

今回の調査は、5年目となる「東京都健康推進プラン21(第二次)」の中間評価と今後の食環境整備施策推進の参考とするため実施したものです。

アンケート期間:平成29年9月6日~9月12日 回答率:93.8%(469名/500名)

主な調査結果(アンケート結果の詳細は、別紙「調査結果」をご覧ください。)

昼食の外食・中食の利用状況(P5)

昼食の外食・中食の利用状況は、『週1回以上利用する』(46.9%)(「ほとんど毎日」(15.6%)、「週に3~4回」(9.8%)、「週に1~2回」(21.5%))は5割近く、「月に1~3回」(26.4%)は3割近くとなっている。

※中食とは、持ち帰り弁当や持ち帰り寿司、おにぎり、惣菜類など調理済みの料理を購入して家や職場などで食べる食事のこと

飲食業者への希望(P12)

外食・中食を提供する飲食業者への希望は、「野菜たっぷりのメニュー」(52.7%)が約5割で最も高く、「カロリーの表示」(35.0%)、「減塩のメニュー」(30.1%)、「栄養情報の表示」(26.0%)、「栄養成分の表示」(25.4%)などと続いている。

野菜の摂取状況(P14)

健康維持に必要な1日の野菜の摂取状況は、「足りないと思う」(58.0%)が6割近く、「足りていると思う」(32.2%)は約3割となっている。

※都は、「東京都健康推進プラン21(第二次)」(平成25年3月策定)の栄養・食生活分野において、野菜の摂取量を1日当たり350g以上の人の割合を増やすことを目標としている。

野菜を食べるための工夫(P15)

野菜を食べるための工夫は、「食事にできるだけサラダやおひたしなどをつける」(67.0%)が7割近くで最も高く、「野菜の多く入っているメニューを選ぶ」(50.1%)、「野菜を多くとれるように料理の工夫をする」(46.9%)、「野菜ジュースを飲む」(30.9%)などと続いている。

都民の野菜摂取量が不足している原因(P17)

都民の野菜摂取量不足の原因は、「外食や中食の利用が多く、野菜が少ないから」(56.9%)、「野菜の値段が高いから」(52.9%)の2つが5割を超え上位であり、「調理に手間がかかるから」(29.4%)、「他のものをたくさん食べてしまうから」(29.2%)、「食べたい野菜メニューがないから」(23.7%)などと続いている。

※インターネット都政モニターは、インターネットが使える18歳以上の都内在住者を対象に公募し、性別、年代、地域等を考慮して500人を選任。

問い合わせ先
生活文化局広報広聴部都民の声課
電話 03-5388-3159

〔資料〕

調査実施の概要

1 アンケートテーマ

「都民の食習慣と外食・中食の利用状況」

2 アンケート目的

「東京都健康推進プラン21(第二次)」(平成25年度から平成34年度までの10年間)の中間評価と今後の食環境整備施策推進の参考とするため、都民の意見を聞く。

3 アンケート期間

平成29年9月6日(水曜日)12時00分から 平成29年9月12日(火曜日)17時00分まで

4 アンケート方法

インターネットを通じて、モニターがアンケート専用ホームページから回答を入力する。

5 インターネット都政モニター数

500人

6 回答者数

469人

7 回答率

93.8%

都民の食習慣と外食・中食の利用状況

東京都は、平成25年度から平成34年度までの10年間を対象期間とした「東京都健康推進プラン21(第二次)」(以下、プラン21(第二次)という。)を策定し、生活習慣病の発症予防や生活習慣の改善の取組を進めています。
このプラン21(第二次)では、栄養・食生活分野において、野菜を目標量摂取している人の割合や栄養成分表示を参考にしている人の割合を増やすなどの目標を掲げています。
また、昼食の外食・中食の利用率が高いことから、負担感なく生活習慣を改善できるよう都内の飲食店等での栄養成分表示の推進やヘルシーメニューの提供を増やすなど、食環境整備施策に取り組んでいます。
今回のアンケート調査では、5年目となるプラン21(第二次)の中間評価と今後の食環境整備施策推進の参考とするため、モニターの皆さまにご意見をお伺いします。

1 調査項目

Q1 朝食の摂取状況
Q2 昼食にかける時間
Q3 昼食に利用する飲食店
Q4 昼食の外食・中食の利用状況
Q5 外食・中食のメニューの選択理由
Q6 外食・中食で使用する金額
Q7 ヘルシーメニューを提供している飲食店の認知度
Q8 ヘルシーメニューの選択
Q9 栄養成分の表示
Q10 飲食業者への希望
Q11 1日に必要な野菜の摂取量
Q12 野菜の摂取状況
Q13 野菜を食べるための工夫
Q14 野菜料理に使用する金額
Q15 都民の野菜摂取量が不足している原因
Q16 飲食店での情報提供
Q17 情報収集方法
Q18 都の栄養・食生活改善施策(自由意見)

2 アンケート回答者属性

  モニター人数 回答
人数 構成比
全体 500 469 - 93.8
性別 男性 250 232 49.5 92.8
女性 250 237 50.5 94.8
年代別 18・19歳 8 7 1.5 87.5
20代 67 58 12.4 86.6
30代 88 80 17.1 90.9
40代 100 92 19.6 92.0
50代 72 70 14.9 97.2
60代 84 81 17.3 96.4
70歳以上 81 81 17.3 100.0
職業別 自営業 44 42 9.0 95.5
常勤 182 164 35.0 90.1
パート・アルバイト 49 47 10.0 95.9
主婦 89 86 18.3 96.6
学生 34 30 6.4 88.2
無職 102 100 21.3 98.0
居住地域別 東京都区部 346 323 68.9 93.4
東京都市町村部 154 146 31.1 94.8

※集計結果は百分率(%)で示し、小数点以下第2位を四捨五入して算出した。
そのため、合計が100.0%にならないものがある。
※n(number of cases)は、比率算出の基数であり、100%が何人の回答者に相当するかを示す。
※複数回答方法・・・(3MA)=3つまで選択

調査結果(PDF:977KB)

ページの先頭へ戻る