トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 11月 > 第2回 産業廃棄物排出事業者セミナーを開催

ここから本文です。

報道発表資料  2017年11月28日  東京都環境局, 公益財団法人東京都環境公社

参加費無料! 法改正や廃棄物管理の最新情報を学べる!
産業廃棄物排出事業者セミナー開催

東京都では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を持続可能性に配慮した大会とするため、3Rと廃棄物の適正処理をより一層推進していきます。また、平成29年6月に廃棄物処理法が改正され、有害廃棄物の適正な処理の確保や不適正処理への対応等がますます強化されています。
このような流れを踏まえ、法改正への対応や、排出事業者責任について今一度考えていただく機会として、第2回産業廃棄物排出事業者セミナーを開催します。環境省からの法改正に関する最新情報のほか、優れた取り組みを実施している事業者からの事例発表を通して、排出事業者の皆様に有意義な情報を提供します。
都内で産業廃棄物を排出する事業者であれば、どなたでも参加が可能です。ぜひご参加ください。

開催概要

名称

第2回産業廃棄物排出事業者セミナー
「産業廃棄物の適正処理と持続可能な資源循環」

開催日時

平成30年2月9日(金曜日) 13時00分~17時00分(受付開始12時30分)

開催場所

損保会館(JR御茶ノ水駅徒歩5分)

参加費用

無料

定員

130名(先着順・定員になり次第締切)

主催

東京都環境局、公益財団法人東京都環境公社

申込方法

東京都環境公社のホームページ(外部サイトへリンク)から申込

開催プログラム

第1部 基調講演

「産業廃棄物行政の現状と今後の展望について(予定)」
環境省 環境再生・資源循環局 廃棄物規制課長 成田浩司 氏

写真
《第1部基調講演》
環境省 環境再生・資源循環局
廃棄物規制課長 成田浩司 氏

第2部 事例発表

優良な排出事業者・産廃エキスパート企業の皆様に、先駆的な取組についてご発表いただきます。

事例発表者

  • 排出事業者
    「ゼネコンにおける廃棄物管理 有価売却にだまされていませんか?」
    鹿島建設株式会社 安全環境部 担当部長 米谷秀子 氏
  • 排出事業者
    「持続可能な社会を目指して 環境関連事業者とのパートナーシップ」
    ユニー株式会社 上席執行役員 CSR部 部長(消費生活アドバイザー・環境カウンセラー(環境省)地球温暖化防止コミュニケーター) 百瀬則子 氏
  • 産廃エキスパート認定取得企業
    「産業廃棄物処理業における高俊興業の「こだわり」」
    高俊興業株式会社 代表取締役社長 高橋潤 氏

開催場所

損保会館 大会議室
(〒101-8335 東京都千代田区神田淡路町2-9)

図

最寄り駅

  • JR御茶ノ水駅 聖橋口 徒歩5分
  • 東京メトロ新御茶ノ水駅 B2出口 徒歩3分
  • 東京メトロ淡路町駅 A5出口 徒歩3分
  • 都営地下鉄小川町駅 A5出口 徒歩3分

≪お願い≫
会場には駐車スペースがないため、公共交通機関でのご来場をお願い致します。

申込方法

登壇者プロフィール

環境省 環境再生・資源循環局 廃棄物規制課長 成田浩司 氏

写真


1994年 環境庁(現:環境省)入省、衆議院法制局、大気環境課、産業廃棄物課、在中華人民共和国日本国大使館経済部、経済産業省四国経済産業局、警察庁生活安全局生活安全企画課、地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室長等を経て、2017年7月より現職。

鹿島建設株式会社 安全環境部担当部長 米谷秀子 氏

写真


東京工業大学経営工学専攻修了後、日本銀行入行。同行退職後、1991年鹿島建設入社。東京支店で副産物対策、石綿対策等の実務を経て2003年より本社勤務となり各支店・現場の指導にあたっている。現中央環境審議会循環型社会部会廃棄物処理制度専門委員会委員、日本建設業連合会環境委員会建築副産物部会部会長他

ユニー株式会社 上席執行役員 CSR部部長 百瀬則子 氏

写真


1980年ユニー株式会社入社。中京本部東浦店副店長を経て、2003年より環境部長に就任。2014年からは同社の執行役員を務める。日本ショッピングセンター協会環境対策委員、環境省・経済産業省食品リサイクル・容器包装リサイクル法合同委員会委員、環境省政策評価委員、環境省COOL CHOICE推進チームメンバー

高俊興業株式会社 代表取締役社長 高橋潤 氏

写真

1996年東洋大学経営学部商学科卒業後、建設会社の株式会社フジタに入社。2000年高俊興業株式会社入社、2015年に代表取締役社長就任。現(一社)廃棄物処理施設技術管理協会理事、(公社)全国産業廃棄物連合会人材育成方策調査検討会委員、(一社)東京都産業廃棄物協会 建設廃棄物委員会・中間処理委員会・法制度検討委員会 委員

参考

東京都廃棄物条例では、産業廃棄物を排出する事業場には、産業廃棄物の減量及び適正な処理を図るため、産業廃棄物管理責任者を事業場ごとに選任しなければならないと定められています。産業廃棄物管理責任者の選任は、排出される産業廃棄物の処理に関する権限を有する方であって、産業廃棄物の処理について十分な知識を有する方でなければなりません。
東京都環境公社では、東京都廃棄物条例第14条第1項で、定められている産業廃棄物管理責任者の責務に関して理解を深めることを目的に、「産業廃棄物管理責任者講習会」を開催しています。平成25年度開始以降、1508名の方々にご参加いただいております。講習会の中で、「優良な排出事業者・産廃エキスパート企業の具体的な事例を聞き参考にしたい」との声にお応えし、昨年度より排出事業者向けセミナーを開催しています。

図

問い合わせ先
環境局資源循環推進部産業廃棄物対策課
電話 03-5388-3586
公益財団法人東京都環境公社環境事業部環境事業課
電話 03-3634-4030

 

ページの先頭へ戻る