ここから本文です。

報道発表資料  2017年11月28日  建設局

都立井の頭恩賜公園 かいぼり29の実施について

井の頭恩賜公園100年実行委員会(構成:都・武蔵野市・三鷹市及び21関係団体(※別紙1 「井の頭恩賜公園100年実行委員会」について(PDF:141KB)参照)では、都立井の頭恩賜公園にある井の頭池(弁天池及びお茶の水池・ボート池・ひょうたん池)において、生態系の回復と水質の改善を目的として、平成25年度より2年毎に「かいぼり」(※)を行ってきました。これまでの2度のかいぼりでは、多くの都民にボランティアとしてかかわってもらい、外来種問題や在来の生きものの保全活動に関する普及啓発も合わせて実施し効果をあげてきています。
かつての豊富な湧水に支えられ多様な水生生物の生育していた井の頭池を目指し、地域や市民と共に今年度は3度目のかいぼりを下記の通り実施します。
※「かいぼり」とは
農閑期にため池の水を抜き、池を干す、管理作業のことです。近年は公園などの池で水質改善や外来種駆除を目的に行われる例が増えています。

1 実施日程

かいぼり29実施期間:平成29年12月下旬~3月初旬

  • 水抜き開始
    平成29年12月下旬以降、徐々に水を抜きます。
  • 魚類等採取イベント
    平成30年1月13日(土曜日)~14日(日曜日)
    ※15日(月曜日)以降は関係者による魚捕りを継続実施します。
  • 池干し期間
    平成30年1月下旬~平成30年3月初旬

2 実施場所

井の頭池全域(弁天池及びお茶の水池・ボート池・ひょうたん池)

図

  • 護岸工事等を合わせて行う予定です。
  • 天候や、排水・護岸工事の状況によっては、上記の実施日程が変更・中止になる場合があります。
  • かいぼり期間中には各種普及啓発イベントを予定しています。
  • 魚類等採取イベントについては市民ボランティアの募集を行います。
  • かいぼり実施状況やボランティア募集の詳細については、随時井の頭恩賜公園100年実行委員会のWEBサイト(外部サイトへリンク)にてお知らせします。

3 普及啓発イベントについて

  • 1月5日(金曜日)~3月中旬まで、野外ステージ前の「かいぼり屋」(※)において普及啓発活動を行います。
  • 1月13日(土曜日)~14日(日曜日)の魚類等採取イベント時には野外ステージ前にブーステントを設置し、水辺の自然再生等に関する普及啓発イベントを実施します。
  • 1月下旬~3月初旬の池干し期間中に、ボランティアによる池の保全作業や、池底での観察会等を実施する予定です。
  • 普及啓発イベントの詳細については、別途12月下旬頃お知らせする予定です。

※「かいぼり屋」とは
池の排水状況や生きものの捕獲状況、その他池の自然再生の取組みについて展示・解説を行います。

4 魚類等採取について

捕獲した魚類等については、元々井の頭池にいたと考えられる種のみ保護し、水を戻した後に放流致します。予想される捕獲魚類等は下記の通りです。
外来種:ブルーギルなど 在来種:モツゴ、スジエビ、テナガエビなど

参考

かいぼり27実施状況

写真 写真 写真
ポンプによる排水作業 大勢の市民ボランティアが参加した魚捕り 干し上げ中の井の頭池

普及啓発イベント

写真 写真 写真
池の生きものやパネル展示ブース かいぼりの情報発信基地「かいぼり屋」 池底観察ツアー


※別紙1 「井の頭恩賜公園100年実行委員会」について(PDF:141KB)
※別紙2 井の頭池におけるかいぼりの実施概要と成果(PDF:193KB)

問い合わせ先
東京都西部公園緑地事務所
電話 0422-47-0218

 

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.