トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 11月 > 京王井の頭線橋梁架設工事に伴う列車運休

ここから本文です。

報道発表資料  2017年11月28日  建設局

小田急電鉄小田原線(代々木上原駅~梅ヶ丘駅間)連続立体交差事業及び複々線化事業
京王井の頭線橋梁架設工事に伴う列車運休のお知らせ

小田急小田原線(代々木上原駅~梅ヶ丘駅間)では、東京都が事業主体の連続立体交差事業と小田急電鉄株式会社が事業主体の複々線化事業(以下「線増連立事業」という)を一体的に実施しています。
本事業区間にある下北沢駅では、小田急小田原線と京王井の頭線とが交差していることから、線増連立事業の影響により、京王井の頭線の機能を維持するための工事が必要です。
このため、線増連立事業の事業者である東京都及び小田急電鉄株式会社から、京王電鉄株式会社に対し、機能維持のための橋梁の改修や駅舎の改良等を委託し、工事を進めてきました。
このたび平成30年2月17日(土曜日)終電後に実施する橋梁架設工事では、橋梁の規模が大きいことから、翌日2月18日(日曜日)の始発より午前11時00分頃まで、京王井の頭線の一部区間で運休が発生します。
鉄道利用者や地域の皆様にご迷惑をおかけしますが、御理解と御協力をお願いいたします。
今後とも、東京都は、人や物の流れがスムーズな都市を実現するため、連続立体交差事業を一層推進してまいります。

1 工事に伴う列車運休の概要

(1) 運休日時

平成30年2月18日(日曜日)始発~午前11時00分頃※1

※1 荒天などやむを得ない事情により架設工事が実施できない場合は、3月10日(土曜日)終電後に延期します。このため、運休日時は3月11日(日曜日)始発~午前11時00分頃になります。

(2) 運休区間

京王井の頭線:渋谷駅~明大前駅間(図-1のとおり)

(3) 振替輸送及び代行バスについて

運休中は他社線による振替輸送およびバス代行輸送を行います。※2

※2 バス代行輸送等の詳細については、別添 京王電鉄株式会社の報道発表資料(PDF:427KB)をご参照ください。

(4) 工事施行者

京王電鉄株式会社

 

図
図-1 運休区間

 

図
図-2 工事位置図

2 小田急小田原線線増連立事業の事業概要

  1. 事業名
    小田急電鉄小田原線(代々木上原駅~梅ヶ丘駅間)連続立体交差事業及び複々線化事業
  2. 事業者
    東京都(連続立体交差事業)、小田急電鉄株式会社(複々線化事業)
  3. 事業延長
    約2.2キロメートル
  4. 事業費
    約1,662億円(複々線化事業を含む)
  5. 事業期間
    平成15年度~平成30年度


「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱5 交通・物流ネットワークの形成」

問い合わせ先
建設局道路建設部鉄道関連事業課
電話 03-5320-5317

ページの先頭へ戻る