トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 11月 > 東日本大震災避難者向け 公社住宅募集等

ここから本文です。

報道発表資料  2017年11月27日  東京都住宅供給公社, 都市整備局

東日本大震災避難者向け 公社住宅募集等について

下記により、東京都住宅供給公社において、東日本大震災による岩手県、宮城県及び福島県からの避難者向けに、専用枠を設定し、入居者募集を実施しますので、お知らせします。
なお、このほか、東日本大震災による避難者の方については、入居資格要件の緩和を適用した、先着順による空き家募集も引き続き実施しています。

1 募集概要

(1) 申込書・募集案内の配布期間

平成29年11月27日(月曜日)以降、被災県(岩手県、宮城県及び福島県)から対象世帯に郵送します。

(2) 対象世帯

  1. 東日本大震災により平成23年3月11日において岩手県及び宮城県で居住していた住宅が半壊以上の程度で損壊する被害を受けた方か、平成23年3月11日において福島県内の旧避難指示区域にお住まいの方か避難指示区域外にお住まいで延長された応急仮設住宅の供与期間が終了する方で、都内の応急仮設住宅に居住している避難者世帯。
    (UR賃貸住宅、雇用促進住宅、都内区市町村が供与する住宅に避難している避難者世帯を含みます。)
  2. 応急仮設住宅の供与期間が、岩手県・宮城県から避難されている方は平成30年3月31日から平成31年3月31日までの間に、福島県から避難されている方は平成30年3月31日に終了すること。

(3) 募集戸数

20戸(区部10戸、市部10戸)

(4) 募集期間

平成29年12月8日(金曜日)~18日(月曜日)

(5) 主な申込資格

  1. 申込者本人が成年者で、そのことが住民票で証明できる方
  2. 申込者本人の月収または貯蓄が、公社の定める基準以上ある方
  3. 連帯保証人を立てられる方(保証会社を利用する方法もございます。)

(6) 申込方法

下記相談専用窓口で、電話により申込みを受け付けます。

(7) 申込問合せ・受付

JKK東京(東京都住宅供給公社)公社住宅募集センター
移転相談専用窓口 電話番号 03-6812-1350

(8) 受付時間

月曜日~土曜日 9時30分~18時00分(日曜・祝日を除く)

(9) 抽選会日時・抽選会場

平成29年12月20日(水曜日)11時00分
東京都住宅供給公社 公社住宅募集センター

(10)当選連絡

平成29年12月25日(月曜日)以降に、結果通知を郵送します。

(11)内見予定期間

入居審査書類到着後~平成30年1月10日(水曜日)
※抽選前の内見については応相談

2 入居資格要件の緩和

「公社一般賃貸住宅」へのご入居に当たっては、かねてから、東京都内の応急仮設住宅等に入居している東日本大震災による岩手県、宮城県及び福島県からの避難世帯に対して、入居資格要件の緩和を実施しており、今回の専用枠の募集においても適用します。

(1) 持家に関する制限の緩和

対象世帯のうち、避難元に住宅又は住宅用土地を所有している場合でも、公社住宅のお申し込みを受け付けます。

(2) 賃貸借契約の名義人の要件緩和

主たる収入を得る方(世帯主等)が勤務地等の関係で申し込み住戸にご家族(配偶者又は三親等内の親族)と居住することができない場合でも、他の資格要件を満たした場合は、名義人として賃貸借契約を締結することができます。

(3) 月収基準の特例における保証人要件の緩和

月収基準の特例(※1)によりお申込みする場合、保証人要件を緩和し、一都七県(※2)以外であっても、国内にお住まいであれば、連帯保証人とすることができます。

※1 月収基準の特例:月収基準に満たない方でも、申込者本人が高齢者・心身障がい者・ひとり親世帯のいずれかに該当し、同居者以外の方で月収基準を満たす三親等内の親族が連帯保証人となる場合は、申込みができる特例
なお、上記の各世帯には年齢又は等級の要件があります。
※2 一都七県:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県

問い合わせ先
JKK東京(東京都住宅供給公社)公社住宅募集センター
電話 03-3409-2244

都市整備局住宅政策推進部住宅政策課
電話 03-5320-5148

ページの先頭へ戻る