ここから本文です。

報道発表資料  2017年11月22日  中央卸売市場

築地市場における土壌詳細調査結果について

築地市場において、都民の健康と安全を確保する環境に関する条例(環境確保条例)に基づき、実施している土壌汚染状況調査のうち、土壌詳細調査(ボーリング調査及び地下水調査)の結果について、別紙のとおりとなりましたので、お知らせいたします。
今回の土壌詳細調査については、5月に概況調査(表層土調査)を実施した111地点のうち30地点において、有害物質5種類(1) 溶出量試験:ヒ素、ふっ素、水銀、六価クロム、2)含有量試験:鉛)が基準を超過したことから実施いたしました。
具体的には、9月から11月にかけて26地点で土壌詳細調査を実施したところ、土壌溶出量試験については6地点、地下水調査については4地点で基準値を超えるヒ素が検出されました。土壌溶出量試験と地下水調査の基準超過地点のうち2地点で重複があるため、合計8地点で基準値超過となりました。
ふっ素、水銀、六価クロムの土壌溶出量試験及び地下水調査、鉛の土壌含有量試験については、いずれも基準値内となりました。
残りの4地点については、いずれも営業中の建物内であり、ボーリング作業等に伴う排ガスの影響等を考慮し、当面、詳細調査の実施はしないこととします。
今後、築地市場における環境確保条例に基づく届出を行っていなかった8件の工事について、同条例第117条第2項以降の手続きを順次完了させていくとともに、今回詳細調査を行っていない残りの4地点については、築地市場の豊洲市場への移転後、速やかに着手いたします。

築地市場における土壌調査の経緯

  • 2月
    築地市場等において、環境確保条例に基づく届出を行っていなかったことについて公表
  • 5月
    111地点の、土壌汚染概況調査に着手、結果公表
    • 表層土調査において、30地点で5種類の有害物質を検出
    • 土壌ガス調査において、1地点でベンゼンを検出
  • 6月~7月
    土壌ガス調査でベンゼンが検出された1地点について、土壌詳細調査を実施
    • 土壌、地下水共にベンゼンは不検出
  • 9月~11月
    30地点で、土壌詳細調査を開始
    26地点で土壌詳細調査を完了、結果公表(今回)

※別紙 築地市場土壌詳細調査結果概要(PDF:80KB)

※別紙 築地市場土壌詳細調査結果一覧表(PDF:150KB)

※別紙 築地市場土壌詳細調査結果図(PDF:2,786KB)

問い合わせ先
中央卸売市場事業部施設課
電話 03-5320-5771

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.