ここから本文です。

報道発表資料  2017年11月09日  建設局, (公財)東京動物園協会

〔別紙〕

葛西臨海水族園

高校生・大学生向け講座 第2回「海の学び舎」生きていくために その2
「交わる魚 鮫(サメ)の多様な繁殖戦略」開催!

葛西臨海水族園(園長 田畑直樹)では、第一線で活躍する研究者やフィールドで活躍するナチュラリストが、海や川の環境やそこにくらす生き物のおもしろさ、またそれらを探求し、研究することの楽しさを紹介する、高校生・大学生向けのシリーズ講座「海の学び舎」を開催しています。
今年度は全3回のシリーズで、水族園のお勧めする観察の「視点」をテーマに取り上げます。生き物を観察するとき、ある視点を持って観察すると、生き物の適応や多様性がよく理解できます。水族園がお勧めするのは「泳ぐ(移動する)」「食べる」「身を守る」「繁殖する」の4つの視点。どれも「生きていく」ために大事なことばかり。
第2回の今回は、「繁殖する」という視点でサメを紹介します。前半で講師の方のお話、後半でお茶を飲みながら参加者も交えた談話会を予定しています。高校生・大学生の皆さん、ぜひご参加ください。

図
【いろいろな繁殖方法を持つサメたち
シロシュモクザメと胎児(左)ナヌカザメと卵殻(右)】

1. 日時

平成29年12月10日(日曜日) 13時30分~16時30分

2. 場所

本館2階 レクチャールーム

3. 対象

高校生・大学生

4. 定員

30名

5. 参加費

無料(入園料も無料となります)

6. 内容

生きていくために その2「交わる魚 鮫(サメ)の多様な繁殖戦略」
講師:仲谷一宏氏(北海道大学名誉教授)

  • 【要旨】
    サメの語源は、その細長い眼の形からきた「狭目」だったといわれています。そして、漢字では「鮫」。サメの生態をたった1文字の漢字で見事に表現したこの文字の作者は、サメの生態に相当に詳しい人だったに違いありません。その漢字が示すように、サメは「交わる魚」で、すべてのサメが交尾をします。つまり、全ての種が体内受精するということです。メスの体内で卵が受精されると、すぐに自分の卵黄を使って発生が始まります。しかし、それからのサメの運命は千差万別。あるものは受精後すぐに母体外に生み出され(産卵)、あるものは親とそっくりの形になるまで母体内に留まり産み出されます(出産)。彼らの獲得した驚くほど多様な繁殖の戦略を紹介します。
  • 【プロフィール】
    1945年生まれ。博士(水産学)、北海道大学名誉教授。
    千葉県出身。北海道大学大学院博士課程修了。
    日本板鰓類(サメ・エイ類)研究会前会長。
    サメ類の形態学、分類学、生態学を中心に研究。近年は、主にメガマウスザメやミツクリザメなどの摂餌法を機能形態学的に解析し発表している。「さめ先生」として広く知られ、サメの生態を歌で紹介するYouTube上の動画「さめ先生のサメの歌」はすでに13曲になる。
    主な著書に、「サメのおちんちんはふたつ」(築地書館)、「世界の美しいサメ図鑑」(宝島社)、「サメ -海の王者たち-」(ブックマン社)、「さめ先生が教える サメのひみつ10」(ブックマン社)など多数。
写真
【仲谷一宏氏】

7. 応募方法

Eメールで以下のとおりお申し込みください。
kasai_manabiya(at)tokyo-zoo.net宛に、件名を「海の学び舎」とし、本文に参加希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢(学年)、代表者の住所・氏名・電話番号を記入してお送りください。
お申込みの際は、(at)tokyo-zoo.netからのEメールを受信できるよう、迷惑メールフィルターやメールソフトを設定してください。特に携帯電話からお申し込みの方はご注意ください。
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。
※お申込みの際ご提供いただいた個人情報は、当該イベントに関するご連絡のみに使用します。
また、データの保管や削除など、個人情報については厳重な管理をいたします。

8. 締切

平成29年11月30日(木曜日)送信分まで有効
※応募者多数の場合は抽選とし、当落にかかわらずお知らせいたします。

 ご案内

【葛西臨海水族園】

  • <開園時間>
    9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
  • <休園日>
    毎週水曜日(祝日のときは、翌日)
    12月29日(金曜日)〜1月1日(月曜日・祝日)は休園
  • <入園料>
    一般:700円、65歳以上:350円、中学生:250円
    ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

※開園日については東京ズーネット(外部サイトへリンク)でご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る