トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 11月 > オリンピック・パラリンピック教育シンポジウムを開催

ここから本文です。

報道発表資料  2017年11月09日  教育庁

「東京都オリンピック・パラリンピック教育シンポジウム」を開催します!

平成28年度から都内全ての公立学校で展開している東京都オリンピック・パラリンピック教育を、より一層充実した取組に発展させていくため、教職員及び都民の方を対象として、東京都オリンピック・パラリンピック教育シンポジウムを開催しますので、お知らせします。

1 目的

  • オリンピック・パラリンピック教育に対する学校現場の取組意欲の向上、理解の浸透を図る。
  • 保護者を含めた一般都民に対し、オリンピック・パラリンピック教育を通じた児童・生徒への効果や有用性、また、実際の取組内容などを広くPRし、オリンピック・パラリンピック教育への期待の向上と理解の浸透を図る。

2 実施日時・実施会場

平成29年11月27日(月曜日) 14時00分から16時30分まで
めぐろパーシモンホール(目黒区)

3 実施内容及びスケジュール

別添チラシ(PDF:1,224KB)参照

時間 実施内容
14時00分から14時45分 基調講演
「障害者スポーツを通した障害者理解」
講師:峰島靖(日本ウィルチェアーラグビー連盟理事・普及推進委員会委員長)
15時00分から16時30分

パネルディスカッション
「共生社会の実現に向けてスポーツがもたらす可能性」

  • オリンピアン、パラリンピアンを交えたディスカッション
  • 「東京都公立学校ボッチャ交流大会」映像視聴

<ファシリテータ>

  • 佐藤真知子(日本テレビアナウンサー)

<パネリスト>

  • 峰島靖(日本ウィルチェアーラグビー連盟理事・普及推進委員会委員長)
  • 伊藤華英(北京・ロンドンオリンピック女子水泳日本代表)
  • 田中和仁(ロンドンオリンピック男子体操日本代表)
  • 二條実穂(リオデジャネイロパラリンピック女子車いすテニス日本代表)
  • 奥住秀之(東京学芸大学教育学部特別支援科学講座教授)

4 参加対象者及び参加申込方法

都内在住・在勤の方(入場無料・定員100名)

  1. ファクスによる申込み
    チラシ裏面の「東京都オリンピック・パラリンピック教育シンポジウム申込書」(PDF:165KB)に必要事項を記入の上、ファクスでお申込みください。
    ファクス送付先:03-5388-1733
  2. Eメールによる申込み
    件名を「東京都オリンピック・パラリンピック教育シンポジウム参加申込」とし、本文に参加申込者氏名・住所・電話番号を入力し送信してください。
    Eメールアドレス:S9000020(at)section.metro.tokyo.jp
    ※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。
  3. 申込期限
    平成29年11月20日(月曜日)
  4. その他
    応募者多数の場合は、先着順となります。当選は、参加決定通知ハガキの発送をもってかえさせていただきます。
    ※シンポジウム当日は、参加決定通知のハガキをお持ちください。

ポスター画像

※別添チラシ 東京都オリンピック・パラリンピック教育シンポジウム(PDF:1,154KB)

問い合わせ先
教育庁指導部指導企画課
電話 03-5320-7864
ファクス 03-5388-1733
Eメール S9000020(at)section.metro.tokyo.jp
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。
お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

ページの先頭へ戻る