トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 10月 > 都有地を活用した社会福祉施設建替え 利用事業者を決定

ここから本文です。

報道発表資料  2017年10月20日  福祉保健局

都有地を活用した社会福祉施設建替え促進事業
利用事業者の決定

都内の社会福祉施設の中には、老朽化のため建替えを必要とする施設が多いものの、敷地が狭隘で地価も高いため、現地での建替えや仮移転用地の確保が困難な状況になっています。
そこで、東京都は、清瀬小児病院跡地を活用して、社会福祉施設の建替え期間中の代替施設を整備し、事業者に貸し付けることにより、社会福祉施設の建替えを後押ししていくこととしました。
今年度4月、平成31年度からの利用事業者を公募し、このたびその事業者を決定いたしましたので、お知らせいたします。
公募の詳細については、福祉保健局ホームページをご覧ください。

1 利用事業者

  1. 特別養護老人ホーム 社会福祉法人村山苑
  2. 障害者支援施設 社会福祉法人南風会

2 選定方法

清瀬市梅園一丁目における社会福祉施設建替え促進事業代替施設借受事業者選定委員会において、適格性を審査

3 代替施設概要

(1) 所在地

旧清瀬小児病院の用地の一部(清瀬市梅園1丁目1187番22のうち外1筆)

(2) 施設種別

ア 特別養護老人ホーム(定員120名)

イ 障害者支援施設(定員96名)

(3) 周辺図

図

4 今後の予定

建物の竣工後、平成31年度より、事業者が提案する期間で貸付契約を締結予定

問い合わせ先
福祉保健局総務部契約管財課
電話 03-5320-4187

ページの先頭へ戻る